NIMS,超高品質因子のダイヤモンドカンチレバーを開発

物質・材料研究機構(NIMS)は,室温で世界最高レベルの高品質因子(Q値)を持つダイヤモンドカンチレバーおよび世界初の電気信号による駆動と,センシングを一体化した単結晶ダイヤモンドMEMSセンサーチップの開発に成功した(ニュースリリース)。

微小な梁の一端が固定されたカンチレバーと,電子回路を1つの基板上に集積化したMEMSセンサーは,ガスセンサーや質量分析装置,走査型顕微鏡プローブなどに使われている。

今後防災や医療などの分野で応用が見込まれ,感度や信頼性のさらなる向上が求められている。ダイヤモンドは,弾性定数,機械的硬度等が物質中で最高値を有する材料であり,高信頼性,高感度なMEMSセンサーの実現が期待できるが,その硬度から3次元での微細加工が困難だった。

いままでに研究グループは,イオンビームを用いた加工技術「スマートカット」を開発し,2010年に単結晶ダイヤモンドのカンチレバー作製に成功していた。しかし,表面の欠陥などが原因で感度は既存のシリコン製のカンチレバーと同等程度だった。

今回,研究グループはダイヤモンド表面を原子スケールでエッチングする技術を新たに開発し,スマートカットで加工した単結晶タイヤモンドのカンチレバー表面の結晶欠陥を取り除くことで,感度を表す品質の指標「Q値」で世界最高レベルの100万以上の値を持つダイヤモンドカンチレバーの開発に成功した。

さらに,カンチレバーを振動させる回路と,振動をセンシングする電子回路を同時にカンチレバー上に集積化する新たなMEMSデバイスコンセプトを提案し,世界で初めて電気信号で駆動する単結晶ダイヤモンドMEMSチップの実証実験に成功したという。

開発した単結晶ダイヤモンドMEMSチップを実際に駆動させたところ,高感度,低い動作電圧,高温動作(600℃)などの非常に高い性能を示した。

研究グループは今後,この研究成果をもとにダイヤモンド製のMEMSチップ実用化に向けた基盤技術を確立することで,単分子の質量の違いを検知できるような超高感度で,高速・小型かつ信頼性の高いセンサーなどへの展開が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • パイオニアとキヤノン,3D-LiDARを共同開発 2019年04月18日
  • NIMSら,単一NVセンターのスピンを光電流検出 2019年03月25日
  • 産総研,1cm3級単結晶ダイヤモンドを作製 2019年03月20日
  • TI,ADB向けDLPチップセットを発売 2019年01月23日
  • NTTら,ダイヤモンドからの超放射を実現 2018年12月04日
  • 名大,リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作 2018年10月31日
  • パイオニア,MEMS方式3D−LiDARを発売 2018年10月01日
  • 横国大,ダイヤ中でエラー耐性量子演算処理に成功 2018年08月20日