新日本無線,反射型回転・位置検出用センサーを発売

新日本無線は,回転方向や位置検出に最適なデジタル2相出力タイプの反射型回転・位置検出用センサー「NJL5820R」の量産を開始した(ニュースリリース)。参考価格は150円。

近年,小型モーターやリニアアクチュエーターの高精度化や,操作ダイアルでも回転検出の要求が増えてきているなど,回転位置検出センサーの需要が増えている。

今回,量産を開始した新製品の特長は以下の4つ。1つ目は推奨反射板(ストライプミラー)と組み合わせにより,90度位相がずれたデジタルの2相信号が得られ,簡単に回転(移動)方向や位置検出が可能。2相信号の立ち上がり/立下りを検出することで,反射板パターン周期の1/4の分解能が得られ,ストライプミラーの物理的精度より高精度に測定できる。

2つ目は高感度・低消費電流の受光ICと高出力赤外LEDを組み合わせることで,バッテリー機器でも使用可能な低消費電流を実現した。市場製品の1/5程度の駆動電流にて動作させることが可能とする。

3つ目は直線方向や回転方向などの位置検出において,センサーとストライプミラー間の距離を一定にすることが困難なため,センサーとストライプミラー間の距離が変動しても検出できるように反射板からの反射光を受光素子で検出し,発生した光電流を次段のコンパレーターの基準電圧とした。距離変動に強い特性を実現するとともに,Dutyや位相差の変動がほとんどない。

4つ目は光学式センサーのため,モーターから出る磁界の影響を受けない。搭載位置を気にすることがなくセンサーを設置でき,また設計時の磁場解析も不要となっている。

その他関連ニュース

  • 北大ら,柔らかく高性能な強誘電分子結晶を開発 2019年06月19日
  • 日立LG,LiDAR用動線計測ミドルウェアを無償提供 2019年06月13日
  • 竹中電子,IO-Link搭載ファイバーセンサー発売 2019年06月06日
  • 富士フイルム,1億2百万画素センサー搭載カメラを発売 2019年05月29日
  • センサー関連と基板関連市場,2018年に3兆円規模に
    センサー関連と基板関連市場,2018年に3兆円規模に 2019年05月23日
  • 阪大ら,ワイヤレスな脳活動計測技術を開発 2019年05月17日
  • 凸版ら,家畜のストレスを管理するIoTを実証 2019年05月10日
  • 2022年度TOFセンサー世界市場,652億円に 2019年03月20日