シャープら,5Gで高速移動体への8K映像伝送に成功

シャープは,NTTコミュニケーションズ,NTTドコモおよび東武鉄道と連携し,第5世代移動通信方式(5G)により,高速移動体へ高精細8Kの映像コンテンツを伝送する実証試験に成功した(ニュースリリース)。

この実証試験は,12月20日および21日に埼玉県春日部市において,東武鉄道が運行する東武スカイツリーラインの車両を使用して実施した。

線路脇に2局の基地局を設置し,時速約90kmの高速で走行する列車に向けて,あらかじめ収録した高精細8K映像コンテンツを周波数帯28GHzの5G無線で送信。車内に設置した8K対応液晶テレビへストリーミング伝送した。

各社は,高速移動環境における大容量の8K映像データの5Gによるストリーミング伝送が実証されたことで,人物や景色の高精細映像を高速鉄道の乗客に向けてタイムリーに配信するなど,新たなサービスへの応用が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 香川大,空間多重光信号を経済的に転送 2019年10月07日
  • シャープ,5Gで新幹線へ8K映像を伝送 2019年09月30日
  • 凸版,遠隔体験ウェアラブルデバイスを開発 2019年09月27日
  • 世界の5G契約数,2019年は850万の見込み 2019年09月10日
  • KDDI,法人向け「映像×5G」サービスを開始 2019年09月03日
  • カイロス,8K手術用ビデオ顕微鏡システムを発売 2019年08月26日
  • 精工技研ら,5G向け光電界センサーを開発 2019年07月10日
  • NEDOら,超小型4波長多重光受信チップを開発 2019年07月08日