東大ら,経鼻内視鏡手術支援ロボットを開発

東京大学は,大学・企業・病院との共同研究により,脳神経外科などにおける微細手術への適用を可能とする低侵襲手術支援ロボット「スマートアーム」を開発した(ニュースリリース)。

近年医療現場に導入されている低侵襲手術支援ロボットは,腹部を主な対象としているが,さらにさまざまな手術への普及が期待されている。ロボット術具は直径8mmのものが主に使用されるが,「スマートアーム」は新たな駆動機構により先端が屈曲する,直径3.5mmのロボット術具が搭載されており,困難な手術の中でも脳神経外科手術における経鼻内視鏡手術を主な対象として設定している。

経鼻内視鏡手術は,鼻孔から内視鏡と術具を挿入することで、開頭手術ではアプローチが難しい脳の下部にある下垂体や頭蓋底にアプローチする術式。開頭手術と比較して,傷が残らず,また脳への侵襲が低いため,術後の早期回復が可能。

しかしながら体内の狭所・深部において非常に繊細で高度な手術を行なうには,個別技術の小型化や高性能化に加えて,手術ロボットシステムとしていかに要素技術を統合するかが大きな課題だった。また,人間と同じ鼻を持つ動物がないことから,動物実験をベースにロボットの研究開発や評価を行なうことはできず,研究開発に着手することすら難しい状況だった。

今回の「スマートアーム」の研究開発は,バイオニックヒューマノイド(ヒトや実験動物の代わりとなるセンサー付きの精巧な人体モデル)の脳神経外科手術用モデル「バイオニック・ブレイン」を活用することで,脳神経外科医からのフィードバックを受けながら医工連携研究として実施した。このバイオニック・ブレインを用いることで,経鼻内視鏡手術における硬膜縫合を実現できる性能も確認した。

研究グループは,このスマートアームは手術ロボットとして世界最高水準の性能とし,この研究成果により,高度で困難な手術へのロボット手術適用の可能性が大きく広がるとしている。

その他関連ニュース

  • 慶応ら,軟性内視鏡手術システムを開発 2019年02月08日
  • 市大,視覚障がい者向け杖装置を検証 2019年01月30日
  • 福岡工大ら,内視鏡外科手術を補助するAIを開発 2019年01月28日
  • 名大ら,緑内障手術練習用の眼球モデルを開発 2019年01月16日
  • リンクス,ロボットピッキング統合パッケージを発売 2019年01月16日
  • 三井不動産ら, 自動搬送システムの開発に着手 2018年12月27日
  • 2024年協働ロボット世界市場,8,500億円に成長 2018年12月19日
  • 2018年度国内AGV市場規模,前年度比106.0%の147億8,200万円 2018年12月17日