名大ら,負熱膨張球状微粒子の量産化を開始

名古屋大学が先日(2019年1月23日記事)発明した世界最高性能という負熱膨張球状微粒子「CG-NiTE」の開発・量産化に,ケミカルゲートが世界で初めて成功した(ニュースリリース)。

CG-NiTEの特長は,① 平均粒径が1ミクロン程度の球状粒子の場合,② 100~700Kの温度範囲で,③ -5~-10ppm/Kの線膨張係数を達成しており,同等の粒径を有する従来の負熱膨張材料と比較して一桁高い値が得られているとする。

これまでの研究では,大学のラボレベルで得られていた少量サンプルによる評価結果に留まっていたが,ケミカルゲートが保有する独自開発の噴霧熱分解法(30ナノ~3ミクロンの球状粒子を安価に大量生産が可能な技術)を適用することより,大学内のラボサンプルと同等性能を保持したまま,量産化の目途が立ったという。

CG-NiTEは,2019年1月30日より東京ビッグサイトで開催される展示会「nanotech2019」の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)ブース内において,サンプルとして展示を行なうと共に,同日よりサンプル受注を開始するとしている。

※1月28日,表記を一部訂正しました

その他関連ニュース

  • 東工大ら,「温めると縮む」材料に新知見 2019年11月28日
  • 首都大ら,揺らぎによる結晶化促進を発見 2019年11月27日
  • 青学ら,レーザーでトポロジカル相転移を実現 2019年10月08日
  • 岡山大ら,放射光X線でマントルの相転移を決定 2019年10月08日
  • OISTら,冷却で膨張する磁性結晶の仕組みを解明 2019年07月26日
  • 阪大,10nmの構造体を作製し伝導特性を評価 2019年07月12日
  • 東工大ら,2つの機構で「温めると縮む」材料を発見 2019年06月17日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日