2018年世界半導体製造装置販売額,過去最高の645億ドル

SEMIは,4月10日(米国時間),半導体製造装置(新品)の2018年世界総販売額が,2017年の566億2000万ドルから14%増加し,過去最高の645億ドルに達したことを発表した(ニュースリリース)。

地域別では,韓国の装置販売額が177億1000万ドルを記録し,昨年に引き続き世界最大市場となったという。中国の販売額は131億1000万ドルで,台湾を抜いて初めて世界第2位の市場となった。3位の台湾の販売額は101億7000万ドルだった。

年間の装置販売額は,中国,日本,その他地域(主に東南アジア),欧州,北米で増加したが,台湾と韓国は減少した。2018年の4位以下の順位である日本,北米,欧州,その他地域は,前年同様だった。

装置分類別では,ウエハープロセス用処理装置が15%,その他前工程装置が9%,テスト装置が20%,組み立ておよびパッケージング装置が2%と,いずれも世界市場販売額が増加したとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大,電位差界面を使わず光起電力を発生 2019年09月20日
  • ギガフォトン,新型ArFドライ光源を出荷 2019年09月19日
  • 2040年,自動運転システム搭載率は29.4%に 2019年09月18日
  • eBeam,EUVマスク検査の実現性を高評価 2019年09月17日
  • 半導体製造装置出荷額,Q2/2019は前年同期比20%減 2019年09月11日
  • 2021年,300mmファブ製造装置投資額は600億ドル 2019年09月04日
  • 工繊,ビスマス含有半導体の高品質化に成功 2019年09月03日
  • 東大ら,光によるスピン流の整流効果を発見 2019年09月02日