ポラテクノ,薄型・高耐熱のインセル用偏光子を開発

ポラテクノは,薄型で耐熱性に優れたインセル用偏光子の開発に成功した(ニュースリリース)。

インセルとは偏光子をディスプレーの内部に配置することをいい,ディスプレーの高性能化や様々な機能付与が可能になる。従来の偏光板は,染色したPVA(ポリビニルアルコール)フィルムをTAC(トリアセチルセルロース)フィルムなどの支持体で挟んだものに接着剤を塗布した構造で,厚みも165μmと厚いものだった。

同社が開発したインセル用偏光子は,染色したPVAと接着層のみから構成されていて,厚さは15μmと非常に薄くなっている。また,150℃の高温に30分耐えることができ,液晶ディスプレー,有機ELディスプレーへのインセル化が可能になる。

量子ドットカラーフィルターの液晶層側にインセル偏光子を配置すれば,屋外視認性に優れ,消費電力が小さく,色再現性に優れた液晶ディスプレーの実現が可能になる。また,カバーフィルムと有機EL素子の間にインセル用偏光子を配置すれば,有機ELディスプレーの薄型化,フレキシブル化に寄与できるという。

製品は,2019年6月からサンプル出荷を開始し,2020年9月から量産を開始する予定だとしている。

その他関連ニュース

  • 2018年AMOLEDパネル世界市場,前年比2桁成長へ 2019年07月17日
  • 関大ら,超高色純度の青色OLED材料を開発 2019年07月17日
  • 阪大ら,単一光子から単一電子へスピン情報を変換 2019年07月17日
  • HOYAの暗所視支援眼鏡,福祉用具の給付対象に 2019年07月09日
  • 理科大ら,IGZO-11の大型単結晶の合成に成功 2019年07月02日
  • 産総研,偏光度99%反射率4%の偏光シートを実現 2019年07月02日
  • QDレーザ,簡易型網膜走査ディスプレーを開発 2019年06月26日
  • 電通大,「偏光変調コム」の生成に成功 2019年06月19日