コーニング,AR用300mm高屈折率ガラスウエハーを発表

米コーニングは,拡張現実(AR)デバイスメーカー向けに最適化した300mm径ガラスウエハーを開発したことを発表した(ニュースリリース)。

この製品は,複数の屈折率を用意し,現行製品の中で最大サイズの高屈折率ガラスとなる。同社はこれまで,半導体業界向けに最適化した300mm径ガラスウエハーを供給してきた。

今回,最大フォームファクタの高屈折率ガラスを発売することで,半導体業界同様,AR業界の顧客にとっても製造コスト削減につながることが見込まれるという。同社は,今年一杯,この製品の生産量を増やしていく予定としている。

その他関連ニュース

  • ams,新ASV技術製品を発表 2019年11月18日
  • 帝人ら,触覚を擬似体験できるスーツを開発 2019年11月18日
  • DNPの透明スクリーン,「変なホテル」で採用 2019年11月15日
  • 【光フェア】DigiLens,ARグラスをデモ 2019年11月14日
  • OIST,分類学論文とリンクしたARアプリを製作 2019年11月13日
  • 名大ら,湖底のガラス層生成機構を解明 2019年11月13日
  • パナら,ガラス技術でマイクロ流路の大量生産へ 2019年11月06日
  • ワイドギャップ半導体単結晶市場,100億円に 2019年10月30日