AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発

AGCは,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を世界に先駆けて開発した(ニュースリリース)。

同社は,ガラスに映像を表示するサイネージとして「infoverre®」を2013年に開発し,ビル・空港・ショッピングモールなどさまざまな場所にこの製品を導入している。

今回,同社の持つ複層ガラス製造技術を「infoverre」と組み合わせることにより,窓ガラスへ透明ディスプレーを組込むことに成功した。電源を切っているときは通常の窓ガラスだが,電源を入れることで窓ガラスに映像が表示される。

この技術により,窓ガラスから見える風景に重ねて情報を表示することができる。具体的には,窓が情報を表示するプラットフォームとなり,風景に合わせて周辺の観光情報等をリアルタイムに表示することが可能になるという。

同社は今後,映像を表示させるだけでなく,窓を通しさまざま々な情報を入手できるよう,タッチ機能などインタラクティブな機能を新たに追加する予定。将来的には,この技術を観光名所・博物館・列車・バスなどさまざまな窓へ適用できるよう,実用化に向けた研究開発を進めていくとしている。

その他関連ニュース

  • QDレーザ,簡易型網膜走査ディスプレーを発売 2019年06月26日
  • 2025年デジタルサイネージ市場,2017年比2.2倍の3,186億円に 2019年06月18日
  • AGC,ガラスに挟んだ両⾯ディスプレーを発売 2019年05月24日
  • AGC,高精細・大画面ディスプレーガラス基板を開発 2019年05月24日
  • DNP,スマホ用5Gアンテナフィルムを開発 2019年05月24日
  • DNP,車載ディスプレー向け加飾パネルを開発 2019年05月23日
  • DNP,低反射・高耐擦傷の反射防止フイルムを開発 2019年05月22日
  • 東北大,光ナノインプリントで液晶の分子配列を均一化 2019年05月22日