AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発

AGCは,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を世界に先駆けて開発した(ニュースリリース)。

同社は,ガラスに映像を表示するサイネージとして「infoverre®」を2013年に開発し,ビル・空港・ショッピングモールなどさまざまな場所にこの製品を導入している。

今回,同社の持つ複層ガラス製造技術を「infoverre」と組み合わせることにより,窓ガラスへ透明ディスプレーを組込むことに成功した。電源を切っているときは通常の窓ガラスだが,電源を入れることで窓ガラスに映像が表示される。

この技術により,窓ガラスから見える風景に重ねて情報を表示することができる。具体的には,窓が情報を表示するプラットフォームとなり,風景に合わせて周辺の観光情報等をリアルタイムに表示することが可能になるという。

同社は今後,映像を表示させるだけでなく,窓を通しさまざま々な情報を入手できるよう,タッチ機能などインタラクティブな機能を新たに追加する予定。将来的には,この技術を観光名所・博物館・列車・バスなどさまざまな窓へ適用できるよう,実用化に向けた研究開発を進めていくとしている。

その他関連ニュース

  • 2024年ディスプレー関連市場,7.8%増の14兆8,253億円 2019年12月09日
  • DNP,ベゼルレスディスプレー用ガラスカバー開発 2019年12月09日
  • JDI,12.3インチ透明液晶ディスプレーを開発 2019年11月29日
  • JDI,μLEDディスプレーを開発 2019年11月29日
  • JOLED,印刷式OLEDディスプレーライン稼働 2019年11月26日
  • NIMSら,アナログ色彩表現可能なディスプレー開発 2019年11月25日
  • シャープとNHK,フレキシブル4Kディスプレーを開発 2019年11月08日
  • 変革が求められる韓国パネルメーカーの戦略とは 2019年10月29日