リコー,レーザーHUDの量産ラインを構築

リコーインダストリアルソリューションズは,革新が求められる車載HMI分野に向けて,2018年11月に開発したレーザースキャン方式車載HUD用プロジェクションユニット(レーザーHUD)の世界初の量産化を図るため,同社の鳥取事業所にレーザーHUDの量産ライン構築を決定した(ニュースリリース)。

車速やナビゲーションなどの情報をフロントウインドウに投影するHUDは,従来のカーナビゲーションシステムやメーターに比べ,ドライバーの視線移動を減らすことで,運転時の疲労軽減やよそ見による事故のリスクを低減するメリットがある。

さらに,今後は車両に設置されたさまざまなセンサーとの連携によるドライバーへの高度な注意喚起やAR技術の実現が期待されている。同社はそのような高度化するニーズに応えるため,レーザー描画技術,および車載HUD用途で新たに開発した2軸MEMSスキャナーを用い,レーザーHUDの開発に成功している。

このレーザーHUDは,2020年に量産体制を構築し,2021年に出荷を予定。今回の決定により鳥取事業所の設備投資等を行なうこととなり,これを支援する鳥取県および鳥取市と,2019年5月30日に事業拡大に係る協定書の調印を行なった。投資額は約20億円を見込んでいる。

その他関連ニュース

  • リコー, HUD向けレーザードライバを発売 2019年11月29日
  • 東京モータショーに見る自動車照明の未来 2019年11月20日
  • MEMS/センサーの生産能力,2023年までに25%成長 2019年10月30日
  • ソニーら,窓の無いエンタメ車両サービス開始 2019年10月21日
  • 日立,軌道を正確に追従走行する技術を開発 2019年10月16日
  • 産総研ら,赤外域スマートウィンドウ材を高速合成 2019年10月16日
  • 日立,危険予知する自動運転技術を開発 2019年10月16日
  • パナ,AR-HUDと無人駐車システムを開発 2019年10月11日