三菱,FA向けコードリーダー2機種を発売


三菱電機は,FAセンサー「MELSENSORシリーズ」の新製品として,米コグネックスとの共同開発により,同社製シーケンサとの接続が容易で高い読み取り率を実現する物流・製造現場向けコードリーダー2機種を6月27日に発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

FA技術とITを活用し,開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減する同社のFA統合ソリューション「e-F@ctory」の導入を支援する「CC-Link IE フィールドネットワーク Basic」などに対応。読み取ったデータをシームレスに収集・管理でき,物流や製造現場でのトレーサビリティーや品質管理の向上に貢献するという。

また,激しく損傷した状態の悪いコードでも安定した読み取りを実現するコグネックスの独自アルゴリズム「Power GridTM」を採用し,コードの高い読み取り率を実現。高輝度照明などのオプションと組み合わせることで,自動車部品のシャフトやベアリングなど光沢や反射が強い面に打刻されたコードも読み取り可能になるとしている。

その他関連ニュース

  • カンタムデザイン,位相偏光検査装置を発売 2019年11月07日
  • JAISTと太陽誘電,高感度においセンサーの共同開発へ 2019年10月24日
  • 京大ら,太陽電池によるIoT環境センサーを開発 2019年10月21日
  • キヤノン,グローバルシャッターIRセンサー発売 2019年10月18日
  • オムロン,TOF小型反射形光電センサーを発売 2019年10月01日
  • 東陽テクニカ,視野角を広げた新型LiDARを発売 2019年09月26日
  • 東大ら,LPGで蛍光が増す分子センサーを開発 2019年09月18日
  • 阪大ら,スピンで能動的に熱流を制御 2019年09月18日