Laser Munich Today【展示会現地報告「三日日」】

【展示会三日目】
主要な市場動向の情報ソースの一つである有料のセミナー「Laser Marketplace」に参加したので概要を報告する。

スピーカー,パネルディスカッション等のメンバーは,中国からHan’s LaserのCTO,ドイツからTrumpfの社長およびプロダクトマネージャー,米国からCOHERENTの上級副社長などと,多士済々の構成であった。日本からは三菱電機の安井氏が講演を行なった。また,インドとトルコのマーケット動向についても専門家が発表を行なった。

最初のスピーカーは中国のHan’s LaserのCTOで,中国市場の動向について講演をした。印象的であったのはファイバーレーザーについての話で,中国市場では数kW以上の製品以外は中国メーカーがすでに殆どのシェアを握っており,次のターゲットは欧米であり,その準備を進めていると明言した事だ。

パネルディスカッションでは,ナノセカンドレーザーとフェムトセカンドレーザーのすみ分けについては大手のメーカーの経営者,研究部門の責任者,フェムトセカンドレーザーの専門メーカーのCEOの意見がそれぞれ割れた事も興味深かった。

今後の新しい成長地域であるインドとトルコ市場の見方,もちろんワールドワイドの市場動向等については,改めて月刊オプトロニクスで紹介すると共に,弊社主催のマーケットセミナーにも盛り込む予定である。

注目の製品


青色半導体レーザー対応スキャナー

RAYLASE(ドイツ)
スキャナーメーカーの同社は,ハイパワー青色半導体レーザー対応のスキャナーを出展。3kWまで対応する。

Laserline(ドイツ)
青色半導体レーザーの1.5kWモデルを公開。新開発のスキャナーを搭載したデモも行なっている。そのほか,ファイバーレーザーや新型ダイレクトダイオードレーザーの新製品も多数出展している。

QDレーザ(日本)
網膜走査型のアイウェアを製造する同社は,小型のレーザープロジェクターを利用した簡易型のアイウェアについて,今回初めて製品展示とデモを行なった。詳細については個別のニュースを確認されたい。

展示会最終日へ

その他関連ニュース

  • Laser Munich Today【展示会現地報告「最終日」】 2019年06月27日
  • Laser Munich Today【展示会現地報告「初日」】 2019年06月25日
  • Laser Munich Today【展示会現地報告「到着」】 2019年06月25日
  • 【OPIE’19】「オンリーワン」技術を見に行こう 2019年04月25日
  • 【特報】光・レーザー技術の重要性が増すPhotonics West-注目の技術・製品は? 2019年02月27日
  • キャスレー,OPIE’18に最新の画像先鋭化技術を出展 2018年04月17日
  • オハラ,OPIE’18に出展 2018年04月17日
  • 光技術総合展示会「OPIE’18」,来場事前登録受付を開始 2018年02月21日