三井化学,レンズ技術でクリエイターとコラボ

三井化学は,これまでない新しい視点で「素材の魅力」をわかりやすく伝えるクリエイターとのコラボレーションプロジェクト「Material Meets Creative Team」の第7弾を発表した(ニュースリリース)。

同社は,メガネレンズ材料やスマートフォンカメラレンズ材料などの光学材料を保持しており,特に高屈折率メガネレンズのデファクトスタンダード材料「MRTM」シリーズでは,さまざまなラインナップを保有している。

今回,三井化学グループのアークが持つ光学設計技術と組み合わせ,光の形状を変化させるレンズ「optical walls」を設計・製作した。拡散光のLEDの光が「optical walls」を通過することで,直線光に変換され,何もない場所に光で区切られた空間を創り出す。

このレンズのコンセプトは,これまでのレーザーやプロジェクターを用いた空間演出ではなく,安全性が高く,かつ軽量な新しい空間演出のアプローチを実験すること。今回のレンズ設計を用いることで軽量な光学パーツで済むため,例えばドローンを用いた空間演出などを容易にするという。

同社はこのプロダクトのアイデア,コンセプトなどを特設WEBサイトにて後日公開するとしている。

その他関連ニュース

  • 東工大,ペロブスカイトLEDの低発光効率を解明 2019年10月17日
  • 横国大ら,高密度蛍光体セラミックスを常温作成 2019年10月11日
  • 横市大ら,種から蛍光性量子ドットを簡易合成 2019年10月03日
  • マウザー,スタンレーとグローバル代理店契約 2019年09月30日
  • 光響,LED用ビームプロファイラを発売 2019年09月30日
  • 三菱ガス化学,折率1.68のポリレンズ材を発売 2019年09月18日
  • 京産大,シアンLEDを使ったDNAシステムを開発 2019年09月17日
  • ローランド,印刷エリアを広げたUVプリンター発売 2019年09月10日