HPとシーメンス,産業用AM実現に向け提携を拡大

米HPと独SIEMENS(シーメンス)は5月9日,産業用アディティブ・マニュファクチャリング(AM)によるビジネス・トランスフォーメーションの実現に向けて戦略的提携を拡大すると発表した(ニュースリリース)。

両社が進める拡張アディティブ・マニュファクチャリング・システムは,ハードウェアとソフトウェア,データ・インテリジェンス,サービスを統合し,設計からシミュレーション,製造計画,実行,品質,管理にわたる製造プロセス全体の効率性を最適化しようというもの。

今回,HPの最新3Dプリンティング・ソリューションの「Jet Fusion5200シリーズ」とシーメンスの「デジタル・エンタープライズ・ソリューション」を統合することで,産業機械メーカーは3Dプリント部品をこれまで以上に迅速に,コスト効率よく,安定して量産できるようになるという。

また,製品,製造,パフォーマンスのデジタルツインを,シーメンスのオープンIoTオペレーティングシステム「MindSphere」上で実現することで,プラスチック部品の中規模レベルの連続生産が可能になった。

シーメンスは,工業規模の3Dプリンティングに適した新しいアプリケーションを開発・促進するためにAdditive Manufacturing Experience Centerに,Polymer Competency Centerを新設。このセンターを拠点とし,両社は自動車メーカーや産業機械メーカーと協力し,独創的な製品設計を行ない,3Dプリント部品を迅速に市場投入するとしている。

その他関連ニュース

  • JOLED,機内客室向けディスプレー開発で提携 2020年09月17日
  • 富山大ら,3Dプリンターで触媒付き反応容器を作製 2020年08月17日
  • 森精機,大型レーザー金属積層造形機を発売 2020年08月07日
  • Photon Control,FisensとFBGの販売契約締結 2020年07月31日
  • パナ,中国企業との太陽電池事業の協業を解消 2020年07月30日
  • 森精機,デュアルレーザー金属積層造形機を発売 2020年07月21日
  • NTTデータ,AMソリューション会社を設立 2020年07月01日
  • NEC,次世代通信に向けNTTと資本提携 2020年06月25日