ニデック,共焦点走査型レーザー検眼鏡を発売

ニデックは,「共焦点走査型ダイオードレーザ検眼鏡 Mirante(ミランテ)」を2019年7月1日に発売した(ニュースリリース)。

この製品は,眼底検査用の微弱なレーザー光を用いて撮影する「SLO」と,SLD光源を用いて撮影する「OCT」の両方を組み合わせ,高画質・高精細に眼底検査を行なう。

この製品でのSLO検査は,赤・緑・青の3色のレーザー光を使って撮影することにより,1670万画素(4096×4096ピクセル)のカラーSLO撮影を行なえる。また,オプションの広角アダプターを取り付けることにより,標準画角で対角60°からΦ110°まで撮影範囲を拡げることができるとしている。

その他関連ニュース

  • 慶大,都内小学生80%中学生95%が近視と報告 2019年08月20日
  • 藤田医大ら,三葉虫の複眼の謎を解明 2019年08月19日
  • 技科大ら,青の錯視が最も明るく知覚されると確認 2019年08月19日
  • 慶大ら,クロセチンの小児近視進行抑制を確認 2019年08月09日
  • ウシオ電機,検査用光源ユニットに新ブランド 2019年07月31日
  • 京大ら,角膜内皮再生医療の新しい数値指標を開発 2019年07月23日
  • ライカ,コンタミの解析ソリューションを開発 2019年07月03日
  • 住友化学,仏企業と有機光ダイオードで提携 2019年07月02日