ニデック,共焦点走査型レーザー検眼鏡を発売

ニデックは,「共焦点走査型ダイオードレーザ検眼鏡 Mirante(ミランテ)」を2019年7月1日に発売した(ニュースリリース)。

この製品は,眼底検査用の微弱なレーザー光を用いて撮影する「SLO」と,SLD光源を用いて撮影する「OCT」の両方を組み合わせ,高画質・高精細に眼底検査を行なう。

この製品でのSLO検査は,赤・緑・青の3色のレーザー光を使って撮影することにより,1670万画素(4096×4096ピクセル)のカラーSLO撮影を行なえる。また,オプションの広角アダプターを取り付けることにより,標準画角で対角60°からΦ110°まで撮影範囲を拡げることができるとしている。

その他関連ニュース

  • 兵庫医科大,低侵襲白内障レンズ手術を開発 2019年11月22日
  • 阪大,網膜変性疾患の治療薬開発に新知見 2019年11月11日
  • 金沢大,3次元計測レーザー距離計を開発 2019年10月22日
  • リコーら,AI外観検査サービスの共同実証を開始 2019年09月27日
  • 阪大,目の動きから3分で認知機能を評価 2019年09月12日
  • 中大ら,視覚抑制機構の発達過程を解明 2019年09月09日
  • 阪大ら,iPS細胞で作製した角膜移植に成功 2019年08月30日
  • 名大,ヒトがヘビを素早く発見することを解明 2019年08月29日