ライカ,コンタミの解析ソリューションを開発

独ライカマイクロシステムズは,異物混入原因をすばやく解析する清浄度ソリューションを開発した(ニュースリリース)。

このCleanliness Expert(コンタミ解析)ソリューションは,残留異物解析が可能になり,微粒子の検出,計数,分析,異物混入のリスクに基づく分類のほか,同時に粒子の組成を分析することもできる。操作は顕微鏡1台で完結し,異物混入原因の追求時間を最大90%節減できるという。

このソリューションは,Cleanliness Expert ソフトウェアを搭載した「DM6 M」金属顕微鏡とLIBS(Laser Induced Breakdown Spectroscopy:レーザー誘起ブレークダウン分光法)システムを一体化。この2-in-1ソリューションによって,目視検査と化学分析とが1つの装置で実行できる。

さらに,清浄度解析のワークフローを1段階に短縮し,従来の電子顕微鏡(SEM/EDS)などの下流分析に比較して,現場にて迅速な検査が可能になるとしている。

その他関連ニュース

  • 日本電子,新型ショットキーFE-SEMを発売 2020年05月26日
  • 東大ら,顕微鏡+AIで血小板凝集塊の分類に成功 2020年05月15日
  • エドモンド製品,高感度コロナ診断機に採用 2020年05月13日
  • 東大ら,顕微鏡画像から未知情報をAIで抽出 2020年04月23日
  • 技科大,グラフェンを用いたバイオセンサー開発 2020年04月22日
  • 東大,光で分子振動させるラベルフリー顕微鏡開発 2020年04月21日
  • オリンパス,顕微鏡ソフトに深層学習活用 2020年04月08日
  • 東大,目的の原子層を全自動探索する顕微鏡開発 2020年03月24日