Basler,医療・ライフサイエンス向けカメラを拡充


独Baslerは,医療・ライフサイエンス用途向けカメラシリーズ「MED ace」のラインナップを拡充し,カラーモデル,モノクロモデル合わせて8モデルの量産を新たに開始した(ニュースリリース)。

追加されたのはUSB3.0対応の「9MPモデル」と「12MPモデル」で,最高性能のCMOSセンサーを搭載し,最大フレームレート42fpsを実現している。これにより,「MED ace」のモデル数は計18モデルとなる。

同シリーズは,全モデルの製造,販売,関連サービスの提供においてISO13485:2016を導入している。これは医療機器や体外診断用医薬品を取り扱うメーカーにとって大きなメリットで,品質監査や製品関連文書の作成をよりスムーズに進めることができるという。特に重要な変更管理については,ハードウェアとファームウェアに変更を加えない「デザインフリーズ」を含めて明確な規定を行なうなど,同シリーズを長期にわたって使用できるようにしている。

また,医療・ライフサイエンス用途向けに高性能なハードウェア,ファームウェア,ソフトウェアを組み合わせて開発した「Basler MED機能セット」を搭載。「規格準拠」,「高画質イメージング」,「パーフェクトカラー」,「低照度イメージング」,「ハイスピード」,「産業用イメージング」の6種類があり,短時間で最適な画像を撮影できるだけでなく,それぞれのシーンに応じた柔軟な活用もできるなど,開発労力の軽減につながるとしている。

その他関連ニュース

  • IDS,高速AF搭載の5M産業用カメラを発売 2019年07月04日
  • ソニー,4Kイメージセンサー2種を商品化 2019年06月27日
  • タムロン,近赤用望遠バリフォーカルレンズを発売 2019年06月26日
  • タムロン,グローバルシャッター搭載カメラを発売 2019年06月17日
  • Basler,ビジョンシステムの開発キットを発売 2019年06月17日
  • リンクス,3Dラインスキャンカメラを発売 2019年06月06日
  • キヤノンMJ,500Mモノクロカメラを発売 2019年06月06日
  • 東工大ら,シンプルなカオス信号生成回路を実現 2019年06月05日