プロリンクス,ビーム整形一体型素子を発売

プロリンクスは英PowerPhotonic製のスロー軸コリメーション・ファスト軸ビーム整形一体型素子「FM-SAC」の発売を開始した(会社HP)。

PowerPhotonic独自のレーザーアブレーション加工による自由形状を持つこのレンズは,材質に石英ガラスを使用し,1つの素子でレーザーダイオードバーの出力におけるスロー軸のコリメーションとファスト軸の強度分布補正を同時に実現する。

入力ビームに対して99%以上の透過率を達成しており,既存のFACレンズやフォーカスレンズと組み合わせることで,レーザーポンピングやダイレクトダイオードレーザーなどハイパワーレーザーにおける用途での性能改善が見込まれるという。

コリメーションとビーム整形の2つの機能を1つの素子に集約することで光学系システム調整の簡素化,システムの小型化,低コスト化も期待される。また,長さやピッチ,強度分布の希望に対してフレキシブルに対応するラインナップを持ち,ラインナップにない素子についてはカスタマイズで提案を行なうとしている。

その他関連ニュース

  • 理研ら,超精密中性子集束金属ミラーを開発 2019年09月20日
  • 東工大,究極の対物レンズの設計に成功 2019年07月17日
  • レーザーとイメージング技術で隠れた障害物を可視化 – 「非視線方向イメージング」 2019年06月17日
  • エドモンド,マルチエレメントチューブシステムを発売 2019年05月14日
  • アルプスアルパイン,ミラー付レンズアレイを開発 2019年05月09日
  • エドモンド,II-VIと赤外用オプティクスで協業 2019年04月10日
  • 東大ら,X線をリング状に集光することに成功 2019年04月02日
  • 阪大,バーチャル位相グレーティングで高精度ビーム成形
    阪大,バーチャル位相グレーティングで高精度ビーム成形 2019年03月19日