ams,中国企業と3D顔認識を共同開発

amsジャパンは,人工知能のパイオニアの中国MEGVIIと,あらゆるタイプのコンシューマーデバイスおよび商用デバイスに向け,3D顔認識ソリューションを共同で開発・促進するためのパートナーシップ契約を締結した(ニュースリリース)。

両社はこれまでに携帯電話向けの顔認識ソリューションの共同開発を成功させている。新しい了解覚書(MoU)に基づき,両社はユーザーの携帯電話から完全に独立した,スマートホーム,スマートリテール,スマートビルディング,およびスマートセキュリティのアプリケーションのための,世界初となる既製の顔認識システムを提供する予定。また,両社は2019年末までに,共同ソリューションを市場へリリースする予定。

アプリケーションと利点開発中の統合型ソリューションは,MEGVIIによる奥行きマップの生成と顔認証のためのソフトウェアと,amsの実績ある垂直面発光レーザー(VCSEL)エミッタモジュールを組み合わせるもの。その結果,両社は屋内と屋外両方の明るさの条件下で,頑強な性能を持つ3Dアクティブ・ステレオ・ソリューションを生み出すという。

さらに,このソリューションは高いセキュリティ基準を満たすことから,POS端末など顧客の支払いシステムでの使用に適している。この新しいソリューションは,さまざまな製造元が提供する幅広いアプリケーションプロセッサーと互換性があり,スマートロック,アクセス制御機能,決算端末といった組み込みシステムへの顔認識の導入にかかる開発時間,リスクおよび労力を大幅に削減するとしている。

その他関連ニュース

  • LUCID,3D ToFカメラを発売 2020年07月13日
  • NEC,画像認識とサーマルカメラの感染対策発売 2020年07月02日
  • NECとD-Wave,量子コンピューティングで協業 2020年06月18日
  • パイオニアと独コンチ,統合コックピットで協業 2020年05月28日
  • 日本アビオら,感染症向け発熱検知製品の開発開始 2020年03月25日
  • ams,統合IRイルミネータモジュールを発表 2020年03月12日
  • 産総研ら,安定した小型原子時計を開発 2020年03月11日
  • Inkron,AR/VRで光学企業3社と協業 2020年03月09日