FASE,手術向け裸眼4K3Dモニターを開発


FAシステムエンジニアリング(FASE)は,手術映像を表示する「32型裸眼(メガネなし)4K3Dモニター」の販売を開始した(ニュースリリース)。価格はオープン。

従来の医療手術現場では3Dメガネをかけて手術するのが当たり前とされており,メガネを掛けることの煩わしさがあった。そのため,医療現場からはメガネを掛けない3Dモニターが強く要求されていたという。

同社は約10年前から医療用向けの裸眼3Dモニターの開発をしてきた。裸眼3Dモニターはサイズが大きくなるほど,リアルタイム表示が難しいと言われているが,今回4K32型のレンチキュラー方式裸眼モニターでリアルタイム3D表示する製品の開発に成功した。

主な特長は以下の通り。
・腹腔鏡,内視鏡,顕微鏡,ファイバー内視鏡の2D映像を,2D3Dコンバータを利用することでリアルタイムに表示
・ステレオカメラカメラ2台の同期映像をリアルタイムに3D表示
・Blu-Rayプレイヤー等の3Dコンテンツ映像を3D表示
・3DFHD手術コンテンツ集の手術映像を3D表示

その他関連ニュース

  • 早大ら,VRが文化財への興味を促すことを検証 2019年09月11日
  • ボッシュ,車載3Dディスプレーを開発 2019年09月10日
  • パナ,世界最高輝度の4Kプロジェクターを発売 2019年09月09日
  • ソニー,手術映像の管理・活用システムを発売 2019年09月04日
  • KDDI,法人向け「映像×5G」サービスを開始 2019年09月03日
  • ソニー,360°表示円筒透明ディスプレーを開発 2019年07月30日
  • 京大ら,手術用4K 3Dビデオ蛍光顕微鏡を開発 2019年07月23日
  • ams,中国企業と3D NIRセンサーで提携 2019年07月18日