技科大ら,青の錯視が最も明るく知覚されると確認

豊橋技術科学大学とオスロ大学の研究グループは,ヒトがさまざまな色のグレア錯視を見たときに知覚される明るさと,瞳孔反応を計測し,グレア錯視に対する瞳孔縮小が,その明るさ知覚の程度にしたがって生じていることを明らかにした(ニュースリリース)。

グレア錯視は,中央に向かって輝度グラデーションを持ち,それによってより明るく,もしくは輝いて知覚される錯視の1つ。瞳孔は,暗い場所では散大し(散瞳),明るい場所では縮小して(縮瞳),目に入る光を調節する働きを持つ。一方で,ヒトが錯覚で明るく感じたときにも同様に縮瞳することが知られている。

研究グループは,最も空に関連のある色は青で,太陽の光は輝度の勾配を持つように見えるので,青いグレア錯視は最も明るく知覚されるのではないかと考えた。

今回の研究では,ヒトが明るさの錯視(グレア錯視)を見ているときの瞳孔(眼球にある,いわゆる黒目と呼ばれる部分)の大きさを計測した。その結果,さまざまな色相のグレア錯視において,青色の錯視が最も明るく知覚され,さらに大きな瞳孔の縮小が知覚と関連して生じることを見出した。

研究グループは今回の研究で,瞳孔の縮瞳と個人の明るさ知覚には相関関係が見られたことから,明るさ知覚における個人差を評価する簡単なツールとして,瞳孔反応が利用できるのではないかと考えている。

その他関連ニュース

  • J-TECの自家培養角膜上皮,保険収載が了承 2020年05月20日
  • 横市大ら,近視を発症・進行する遺伝子を発見 2020年05月19日
  • Nano Retinaら,人工網膜の臨床試験に成功 2020年05月08日
  • 阪大ら,iPS角膜上皮細胞の純化法を確立 2020年04月21日
  • ニコン,超広角SS-OCT付き検眼鏡を発売 2020年04月06日
  • J-TEC,自家培養角膜上皮の製造販売承認取得 2020年04月02日
  • 兵庫医科大,AIで眼底写真から脈絡膜厚さ推定 2020年04月01日
  • 京大,まばたき可能な角膜・オン・チップを開発 2020年04月01日