コーニングの基板ガラス,中国パネルメーカーが採用

米コーニングインコーポレイティッドは,2019年8月22日,中国Chengdu CEC Panda Display Technology(CCPD) が製造する,主に高機能で大型のテレビとモニター向け酸化物TFT液晶ディスプレー(LCD)パネルラインに「Corning® AstraTM Glass」が採用され,CCPDの酸化物液晶パネルのメインディスプレーガラスサプライヤーに選ばれたと発表した(ニュースリリース)。

酸化物パネルメーカーのCCPDは,このガラスをバックプレーン基板として採用した理由について,没入型高性能ディスプレー向け高温酸化物TFT製造プロセスに求められる特性(熱・寸法安定性)を備えているためとしている。

高温酸化物TFT技術を用いることで,パネルメーカーは高解像度を実現できるだけでなく,特にテレビのような大きな製品の場合など,より経済的にパネルを用いることが可能となるという。CCPDの先進の酸化物TFTプロセスは,4K・8Kディスプレーパネルに広く採用されている。

同社は,2019年8月28~30日に台北で開催される「Touch Taiwan 2019」において,このガラスが採用されたディスプレーを紹介する。そのディスプレーは,全てCCPDによってデザインされ,酸化物PAT,スーパーUVA,Cuコネクトも採用しているという。このガラスは2019年5月に発表したもので,同社はCCPDとの協業を進めている。

その他関連ニュース

  • ソニーら,窓の無いエンタメ車両サービス開始 2019年10月21日
  • 九大,複雑形状シリカガラスを3Dプリント 2019年10月16日
  • QDシート用フィルム出荷,2022年は3,200万㎡ 2019年10月15日
  • マクセル,高精細OLEDパネル用マスクを量産 2019年10月11日
  • 電気硝子,高屈折率・透過率ガラスを開発 2019年10月10日
  • 日本精機,HUD事業の開発拠点を拡張 2019年10月10日
  • 2023年車載ディスプレー出荷数,2億198万枚 2019年10月08日
  • KEKら,IGZOの不純物水素の振る舞い解明 2019年09月30日