コーニングの基板ガラス,中国パネルメーカーが採用

米コーニングインコーポレイティッドは,2019年8月22日,中国Chengdu CEC Panda Display Technology(CCPD) が製造する,主に高機能で大型のテレビとモニター向け酸化物TFT液晶ディスプレー(LCD)パネルラインに「Corning® AstraTM Glass」が採用され,CCPDの酸化物液晶パネルのメインディスプレーガラスサプライヤーに選ばれたと発表した(ニュースリリース)。

酸化物パネルメーカーのCCPDは,このガラスをバックプレーン基板として採用した理由について,没入型高性能ディスプレー向け高温酸化物TFT製造プロセスに求められる特性(熱・寸法安定性)を備えているためとしている。

高温酸化物TFT技術を用いることで,パネルメーカーは高解像度を実現できるだけでなく,特にテレビのような大きな製品の場合など,より経済的にパネルを用いることが可能となるという。CCPDの先進の酸化物TFTプロセスは,4K・8Kディスプレーパネルに広く採用されている。

同社は,2019年8月28~30日に台北で開催される「Touch Taiwan 2019」において,このガラスが採用されたディスプレーを紹介する。そのディスプレーは,全てCCPDによってデザインされ,酸化物PAT,スーパーUVA,Cuコネクトも採用しているという。このガラスは2019年5月に発表したもので,同社はCCPDとの協業を進めている。

その他関連ニュース

  • シャープ,ディスプレー事業継承会社を設立 2020年08月06日
  • 日東電工ら,超薄板ガラス偏光フィルムを開発 2020年07月31日
  • 電気硝子,折畳ディスプレー用強化ガラス発売 2020年07月27日
  • 2021年,車載ディスプレー部材市場は2019年並に 2020年07月13日
  • 東大ら,フルカラースキンディスプレーを開発 2020年07月13日
  • ピクトリープ,赤外カメラに写る液晶表示装置開発 2020年07月07日
  • 日板,光触媒ガラスの簡易衝立キットを発売 2020年07月01日
  • NSG,抗ウイルスガラス開発で英の助成金獲得 2020年06月16日