コーニングの基板ガラス,中国パネルメーカーが採用

米コーニングインコーポレイティッドは,2019年8月22日,中国Chengdu CEC Panda Display Technology(CCPD) が製造する,主に高機能で大型のテレビとモニター向け酸化物TFT液晶ディスプレー(LCD)パネルラインに「Corning® AstraTM Glass」が採用され,CCPDの酸化物液晶パネルのメインディスプレーガラスサプライヤーに選ばれたと発表した(ニュースリリース)。

酸化物パネルメーカーのCCPDは,このガラスをバックプレーン基板として採用した理由について,没入型高性能ディスプレー向け高温酸化物TFT製造プロセスに求められる特性(熱・寸法安定性)を備えているためとしている。

高温酸化物TFT技術を用いることで,パネルメーカーは高解像度を実現できるだけでなく,特にテレビのような大きな製品の場合など,より経済的にパネルを用いることが可能となるという。CCPDの先進の酸化物TFTプロセスは,4K・8Kディスプレーパネルに広く採用されている。

同社は,2019年8月28~30日に台北で開催される「Touch Taiwan 2019」において,このガラスが採用されたディスプレーを紹介する。そのディスプレーは,全てCCPDによってデザインされ,酸化物PAT,スーパーUVA,Cuコネクトも採用しているという。このガラスは2019年5月に発表したもので,同社はCCPDとの協業を進めている。

その他関連ニュース

  • シャープ,MS規格4Kタッチディスプレー発売 2020年01月22日
  • パナ,4K液晶「電子黒板」を発売 2020年01月20日
  • AGC,厚さ9mm以下の両面ディスプレー開発 2020年01月10日
  • 東大,生命時間はガラスのように流れると実証 2020年01月09日
  • オハラ,加工性・耐久性を改善したガラス開発 2019年12月27日
  • 阪大ら,高分子ガラス状の分子振動の正体解明 2019年12月23日
  • パナ,透明ピラーの真空断熱ガラスを開発 2019年12月13日
  • 東大ら,ガラス形成物質の遅いダイナミクスに新知見 2019年12月11日