santec,廉価版の波長可変光源を発表

santecは,高出力化を実現させた廉価版波長可変光源「TSL-350」を発表した(ニュースリリース)。受注開始は2019年10月1日,価格は200万円から。

この製品は,レーザー共振器を最適化し,連続(CW)発振でピークパワー16dBm以上(全域13dBm以上)と,従来比2倍の高出力を実現する。

またこの製品は,同社の「TSL-550」の廉価版モデルにあたり,1260-1620nmの広範囲から最大100nmを選択可能で,モードホップフリー/シングルモード発振,波長掃引機能,Fine tuning機能,フィードバック制御によるパワー可変機能等の基本性能を備える。光通信の光部品評価現場,R&Dなど様々なアプリケーションに適しているという。

その他関連ニュース

  • 東大,レーザーで微粒子の物性・粒径分布を自動測定 2020年01月08日
  • NIMSら,ハニカム構造でレーザー発振に成功 2019年12月18日
  • フォトテクニカ,チューナブルLDレーザーなど販売 2019年11月29日
  • フォトテクニカ,小型空冷ナノ秒レーザーを発売 2019年11月29日
  • 光響,CO2レーザーマーカーキットを販売 2019年11月27日
  • 光響,UVフェムト秒レーザーのレンタル開始 2019年11月20日
  • 【光フェア】SQL,可視・共鳴ラマンイメージングシステムを展示 2019年11月13日
  • 紫光技研,プラズマ深紫外線光源に新製品を追加 2019年11月11日