三菱ガス化学,折率1.68のポリレンズ材を発売

三菱ガス化学は,小型カメラレンズ用樹脂としてスマートフォンのカメラレンズ等に使用されている特殊ポリカーボネート「ユピゼータ®EP」シリーズの最新グレードとして,世界最高の屈折率1.68を有するとするう「ユピゼータEP-10000」の販売を開始した(ニュースリリース)。

屈折率1.68は既存の「ユピゼータ®EP-9000」の屈折率1.67を凌ぐ材料で,薄さを維持しながらカメラ性能のさらなる高機能化を可能とする。

スマートフォンやタブレット等のカメラレンズ素材には,高屈折率(レンズの薄型化に寄与)と低複屈折性(画像の鮮明化に寄与)を兼ね備えた特性が求められるが,同社の今回の製品はこれらを高い次元で両立し,さらに成形性も兼ね備えているとしている。

その他関連ニュース

  • 東芝ライテック,カメラ付きLED天井照明発売 2020年05月28日
  • ソニーとマイクロソフト,スマートカメラで協業 2020年05月21日
  • ショット,折りたたみ可能な超薄ガラスを発表 2020年05月12日
  • 兼松,サーマルカメラ付きスマホを発売 2020年04月08日
  • パナ,Vieureka対応カメラの新機種発売 2020年04月03日
  • フルーク,コネクター端面検査カメラを発売 2020年03月05日
  • Basler,自社向けレンズラインナップを拡充 2020年02月20日
  • 理研,吹きガラス原理で微小レンズを作製 2019年12月27日