三菱ガス化学,折率1.68のポリレンズ材を発売

三菱ガス化学は,小型カメラレンズ用樹脂としてスマートフォンのカメラレンズ等に使用されている特殊ポリカーボネート「ユピゼータ®EP」シリーズの最新グレードとして,世界最高の屈折率1.68を有するとするう「ユピゼータEP-10000」の販売を開始した(ニュースリリース)。

屈折率1.68は既存の「ユピゼータ®EP-9000」の屈折率1.67を凌ぐ材料で,薄さを維持しながらカメラ性能のさらなる高機能化を可能とする。

スマートフォンやタブレット等のカメラレンズ素材には,高屈折率(レンズの薄型化に寄与)と低複屈折性(画像の鮮明化に寄与)を兼ね備えた特性が求められるが,同社の今回の製品はこれらを高い次元で両立し,さらに成形性も兼ね備えているとしている。

その他関連ニュース

  • JAXAとリコー,宇宙船外の全天球映像を公開 2019年10月18日
  • KDDIら,映像とセンサー内蔵ボールで選手育成 2019年10月08日
  • 北大ら,衛星カメラで有色溶存有機物を観測 2019年10月03日
  • KDDI,青色LED光無線で海中のスマホと通信 2019年10月03日
  • 福岡工大,光で呼吸を推定する見守りロボ開発 2019年09月12日
  • オムロン,バックライト事業から撤退 2019年09月10日
  • JAXA,リコーの小型全天球カメラをISSへ搭載 2019年08月29日
  • キヤノン,生産ロボット向け画像処理ソフトを発売 2019年08月29日