関学,右円偏光を発するプラスチックを開発

関西学院の研究グループは,植物成長を促進するプラスチック(右巻きの光を発するプラスチック)を開発した(ニュースリリース)。

植物は青または橙赤色の光をよく吸収して成長する。中でも,それらの右円偏光をよく吸収する。研究グループの合成したモノマーとポリマーは,植物にとっても有害な紫外光を吸収し,青色の右円偏光を高輝度で発する材料となる。

合成したモノマーの1つはスチレン誘導体で,さまざまなビニルモノマーとの共重合で多種多様なプラスチックの開発が実現できる。また,二官能性モノマーの合成(例えばビスフェノール型モノマー)も容易で,ポリカーボネート・ポリウレタン・ポリエステル・ポリアミドなど,さまざまなエンジニアリングプラスチック開発へと展開できる。いずれも,鍵モノマーの導入量は1~0.1mol%程度の極めて少量でよくコストを抑えることができるという。

また,得られるプラスチックは太陽光(の紫外光)により励起されて発光するため,LEDと異なり電源を必要としない。シートやプラスチックケース等で植物を覆うだけでなく,植物のそばの壁や木材など光の当たるところにコーティングするだけでも成長効果が期待できる。なお,電気により発光させることも可能という。

研究グループは,今回開発した材料は熱・光・酸・塩基・空気・水に対して安定で,官能基の導入による発光色の制御も容易(橙赤色発光も実現容易)であるなど実用性が高く,一方,左巻きの円偏光は植物の成長を抑制するため,ミラーイメージのモノマーを用いれば,雑草などの植物成長を抑制するプラスチックも開発できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,葉緑体の2大分解系の作用を解明 2020年07月14日
  • 理研ら,光合成細菌でクモ糸を作ることに成功 2020年07月09日
  • 東大,キラル有機分子を炭素から光を用いて合成 2020年07月06日
  • 東大ら,磁気異方性における四極子の役割を解明 2020年06月17日
  • 岡山大ら,光合成能力を高めるMg輸送体発見 2020年06月17日
  • プラスチック問題の国際化学サミット,白書公開 2020年06月16日
  • 遺伝研ら,鞭毛虫が葉緑体を盗む様子を観察 2020年06月16日
  • 東工大ら,植物電位を測定するナノシート電極開発 2020年06月05日