【光フェア】アダマンド,MEMS式小型FTIRを出展

アダマンド並木精密宝石は,光とレーザーの科学技術フェア(11月12日~14日 科学技術館)において,MEMSを用いた小型フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)の展示を行なっている。

この製品は,中国のMEMS開発企業であるPreciseley MicrotechnologyのMEMSを用いて同社子会社のSouthNest Technologyが製造したもの。グレーティングを用いる分散型の赤外分光光度計に対し,小型化(150×59×32mm,240g)を実現している。

その他の特長として,測定波長範囲が広く(900~2400nm,分解能:6nm),サイズに対して良好なSNR(5000:1),再現性が高いことがあげられる(写真のスペクトルは同一資料に対して10回の測定を行なった結果を重ねて表示したもの)。また,透過・反射の両方による測定が可能となっている。

価格も一般的な装置に比べて数分の一とコストパフォーマンスにも優れているので,精密な研究開発用途よりも,医薬品などの製造ラインにおけるスクリーニングなどの用途が考えられるという。同社は展示会場内に実機を持ち込んでおり,その場でデモも行なっている。

その他関連ニュース

  • ニレコ,Brimrose製近⾚外分光アナライザ発売 2020年03月10日
  • ams,上位スマホ向け環境光センサーを発表 2020年02月18日
  • セイコーエプソン,小型・軽量の分光カメラ開発 2019年12月11日
  • 理研ら,3ピコ秒で進む分子構造変化を追跡 2019年11月28日
  • 京産大ら,赤外高分散分光器で中質量天体を観測 2019年11月28日
  • 【光フェア】トプコンテクノ,ディスプレー向け分光放射計を展示 2019年11月14日
  • 【光フェア】ネオアーク,デュアルコム分光装置をデモ 2019年11月13日
  • 【光フェア】コニカ,VCSEL向け評価用分光器を出展 2019年11月12日