電気硝子,3Dプリンター用ペーストを開発


日本電気硝子は,高精細造形に適したセラミックス3Dプリンター用ペーストを開発し,サンプル供給を開始した(ニュースリリース)。量産開始時期は2020年春頃を予定。

セラミックス材料は,その優れた強度,耐熱性,耐薬品性等により,電子部品を中心にさまざまな用途に利用されている。さらに,3Dプリンターの造形材料のひとつとして,セラミックス材料が採用されるケースが増えつつあるという。

同社は,長年培ったガラスの材料設計,粉末加工技術を駆使し,主体となるセラミックス粉末に同社で開発した粉末ガラス等を混ぜ合わせ,セラミックスの高精細造形を実現できる3Dプリンター用ペーストを開発することに成功した。

通常,3Dプリンターの光造形法の材料には,造形物を硬化させるために紫外線硬化樹脂が含まれている。今回開発した粉末ガラス等を材料に混ぜ合わせることで,紫外線硬化樹脂の硬化幅や深度をより高精度に制御でき,より複雑で精密な造形が可能になったとしている。

従来のペーストでは達成不可能であった10ミクロン単位での造形パターンまで対応でき,特に,ラインアンドスペース(パターンの幅とパターン間の間隔)が小さな造形物の製造に適しているという。

その他関連ニュース

  • 理研,ガラス状態の分子運動不均一性の解消を観測 2020年03月18日
  • InssTek,複数材料を扱うDEDプリンター発売へ 2020年03月12日
  • 東北大ら,化学強化ガラスの残留応力を評価 2020年02月25日
  • 電気硝子,3Dプリンター用ガラスビーズを開発 2020年02月05日
  • ショット,深紫外向けホウケイ酸ガラスを発売 2020年01月23日
  • NAIST,3Dプリンターで電子透かし埋め込み 2020年01月16日
  • 東大,生命時間はガラスのように流れると実証 2020年01月09日
  • 理研,タンパク質の3Dプリンティング技術を開発 2020年01月08日