フォトテクニカ,小型空冷ナノ秒レーザーを発売

フォトテクニカは,中国Grace Laser Technology製のダイオード励起コンパクト空冷ナノ秒レーザー「TINY」シリーズを発売した(ニュースリリース)。

小型ポータブル・空冷のナノ秒レーザーで,コンパクトな密閉構造の堅牢な筐体により,長時間の温度安定性や機器の安定性に優れており,高パフォーマンスが得られるという。

またダイオード励起の為,長寿命でメンテナンスも殆ど不要で,手頃な価格が魅力となっている。LIDAR, LIBS, リモートセンシング,レーザアブレーション等に最適だとしている。

主な特長は以下の通り。
・波長:1064nm,532nm,355nm,266nm
・パルスエネルギー:30~80mJ@1064nm,18~50mJ@532nm,7~20mJ@355nm,4~10mJ@266nm
・繰返し周波数:10~50Hz
・パルス幅:8~10ns

その他関連ニュース

  • NEDOら,8W深紫外ピコ秒パルスレーザー開発 2020年03月19日
  • 九大ベンチャー,4社から1億5000万円を調達 2020年03月18日
  • セブンシックス,光パラメトリック増幅器を発売 2020年03月18日
  • ルミバード,小型短パルスレーザーを発表 2020年03月03日
  • SP,波長可変レーザーを発表 2020年02月22日
  • SP,多光子イメージング用レーザーを発表 2020年02月21日
  • SP,フェムト秒ファイバーレーザーを発表 2020年02月20日
  • 福井大ら,スマートグラス用レーザーを製品化 2020年02月19日