フォトテクニカ,小型空冷ナノ秒レーザーを発売

フォトテクニカは,中国Grace Laser Technology製のダイオード励起コンパクト空冷ナノ秒レーザー「TINY」シリーズを発売した(ニュースリリース)。

小型ポータブル・空冷のナノ秒レーザーで,コンパクトな密閉構造の堅牢な筐体により,長時間の温度安定性や機器の安定性に優れており,高パフォーマンスが得られるという。

またダイオード励起の為,長寿命でメンテナンスも殆ど不要で,手頃な価格が魅力となっている。LIDAR, LIBS, リモートセンシング,レーザアブレーション等に最適だとしている。

主な特長は以下の通り。
・波長:1064nm,532nm,355nm,266nm
・パルスエネルギー:30~80mJ@1064nm,18~50mJ@532nm,7~20mJ@355nm,4~10mJ@266nm
・繰返し周波数:10~50Hz
・パルス幅:8~10ns

その他関連ニュース

  • フォトテクニカ,チューナブルLDレーザーなど販売 2019年11月29日
  • 光響,CO2レーザーマーカーキットを販売 2019年11月27日
  • 光響,UVフェムト秒レーザーのレンタル開始 2019年11月20日
  • 【光フェア】SQL,可視・共鳴ラマンイメージングシステムを展示 2019年11月13日
  • コヒレント,2光子顕微鏡向けレーザーを発売 2019年11月07日
  • 名大ら,電流注入で最短波長深紫外レーザー発振 2019年11月06日
  • 光響,Tiサファイアレーザーキットを発売 2019年10月15日
  • QDレーザ,レーザーアイウェア後継機を発表 2019年10月15日