パナら,美容向けデジタルミラーの実証実験開始

パナソニックとコーセーは,12月17日にオープンする「Maison KOSÉ」に,パナソニックが開発している「Snow Beauty Mirror」(スノービューティーミラー)を導入し,実証実験を行なう(ニュースリリース)。

コーセーの体験型新コンセプトストア「Maison KOSÉ」では,コーセーの展開するすべてのブランドを取り揃え,化粧や美容に関わる新たなソフトウェアやハードウェアをブランド横断型で試せる。デジタル技術とデータを融合した「スノービューティーミラー」を活用することで,一人ひとりに最適な商品とサービスを紹介するパーソナライズ提案を体験できる。

「スノービューティーミラー」の機能および実証実験の内容は以下の通り。
(1)肌分析機能
鏡の前に座るだけで,顧客の肌状態を分析し,瞬時に数値化し表示する。鏡の中に埋め込まれた非接触センサーが,肌表面と表面下の状態を検出。医療機器並の精度で,肌表面のシミ・シワ・ほうれい線・毛穴・肌色だけでなく,目では見えない隠れたシミも検出する。

デジタルカウンセリングとその分析結果をもとに,一人ひとりに最適なコーセーの商品やサービスを提案する。この機能には,デジタルカメラなどで利用される顔認識技術や,画像処理技術などを応用している。

(2)理想顔システム
コーセーと明治大学との共同研究で開発した遺伝的アルゴリズムにパナソニックの画像処理技術を掛け合わせて,顔の画像から,顧客のなりたい”理想顔”を見える化するシステムを開発した。

「スノービューティーミラー」による肌分析機能により,毛穴・シミ・シワといった肌質,肌の色味や明るさを高精度に抽出し,そのデータをパラメータ調整することで,約50万通りの顔画像パターンを作成する。

ランダムに表示した顔画像の中から,顧客が好みのものを選択するだけで,”理想顔”を短時間に導き出すことが可能になるという。また,顧客の理想顔と現在の状態の差異を見える化するとともに,理想顔に近づけるため,最適なファンデーションの色味や質感,使用方法の提案につなげていく。

(3)メイクアップシート技術を応用した「カスタマイズシート」の展開
パナソニックが開発中のメイクアップシートは,「スノービューティーミラー」で分析した肌色測色結果にあわせ,独自の印刷技術で一人ひとりの肌に合わせた色味を印刷した超極薄シートとなる。貼るだけで,気になる頬部位・こめかみ部位をカバーすることができるという。

この実証では,このメイクアップシート技術を応用し,同社独自の肌色測色技術および印刷技術と,コーセーの化粧品開発知見との連携により,肌に自然になじむ色味・装着感を実現する「カスタマイズシート(仮称)」を展開する。

その他関連ニュース

  • コニカミノルタら,深層学習向けコンパイラを公開 2019年12月04日
  • 資生堂ら,顔からの微弱光で酸化ストレスを観測 2019年11月22日
  • 富士フイルム,微量紫外線の肌乾燥の仕組み解明 2019年11月21日
  • オムロン,人の感性を再現した欠陥抽出AI開発 2019年11月15日
  • NEC,歩行中の虹彩認証技術を開発 2019年11月06日
  • 筑波大ら,時間経過した景観写真の生成AI開発 2019年11月06日
  • 京大ら,AIでチンパンジーの個体と性別識別 2019年09月06日
  • NEDOら,ロボットの自律的作業を実現するAIを開発 2019年09月02日