ショット,深紫外向けホウケイ酸ガラスを発売

独ショットは,紫外線透過性を備えたホウケイ酸ガラス「RayVolution®」の販売を開始した(ニュースリリース)。

要求の厳しい医療・工業分野において高まる,信頼性の高いUV-BおよびUV-C LEDの需要に対応した製品となる。

同社は,ガラスウェハーの材料や光学部品のみならず,光束量を増加させる封止材料,トランジスタアウトライン(TO)ヘッダーやセラミック基板,さまざまなレンズキャップや光学部品など,幅広いLED部品の製品を提供。さらに,LEDシステムメーカーに対しては,カスタマイズ可能な完製品モジュールとして高輝度の「Solidur® LED」も提供している。

この製品は,優れた透過性(285nm,厚さ0.3mmで >90%)と,AlN(窒化アルミニウム)セラミックに近似した熱膨張係数(4.1ppm)をもち,直径最大6インチのウエハー形状で提供される。溶融シリカと比べて,同社の低温度成形工程は,さまざまな構造や孔開け加工を可能にするというメリットがあるとしている。また,「Solidur® LED」の製品群と互換性があるという。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,化学強化ガラスの残留応力を評価 2020年02月25日
  • アイリスオーヤマ,水銀ランプ代替LED照明を拡充 2020年02月19日
  • 電気硝子,3Dプリンター用ガラスビーズを開発 2020年02月05日
  • 産総研,200mW超の超広帯域発光素子を開発 2020年01月23日
  • 横国大ら,新生児用高密着バイタルセンサー開発 2020年01月22日
  • 北大,青色LED励起の赤色発光材料を開発 2020年01月15日
  • 東大,生命時間はガラスのように流れると実証 2020年01月09日
  • オハラ,加工性・耐久性を改善したガラス開発 2019年12月27日