日本アビオら,感染症向け発熱検知製品の開発開始

日本アビオニクスと画像処理ソリューションのフューチャースタンダードは,企業に求められる BCP(事業継続計画)へ向けた新型コロナウィルス対策のひとつとしてオフィスや商業施設などでの同時に多人数の発熱を早期に発見するために,「感染症対策ソリューション」の共同開発をスタートした(ニュースリリース)。

日本アビオニクスが従来から提供している高精度で温度測定が可能な赤外線サーモグラフィを使用した体表温スクリーニングシステムと,フューチャースタンダードが提供している可視画像を利用した顔認証AIを組み合わせ,顔認証で特定した複数の人物の検温記録を保存,発熱を検知する製品の開発をするとしている。

その他関連ニュース

  • オリンパス,顕微鏡ソフトに深層学習活用 2020年04月08日
  • 兼松,サーマルカメラ付きスマホを発売 2020年04月08日
  • パナ,Vieureka対応カメラの新機種発売 2020年04月03日
  • 兵庫医科大,AIで眼底写真から脈絡膜厚さ推定 2020年04月01日
  • 2019年画像認識関連技術市場,290億円に 2020年03月25日
  • 東大,目的の原子層を全自動探索する顕微鏡開発 2020年03月24日
  • ティー・イー・エム,InGaAs HDRカメラを発売 2020年03月18日
  • がん研,内視鏡動画のデータ化プロジェクト開始 2020年03月04日