日本アビオら,感染症向け発熱検知製品の開発開始

日本アビオニクスと画像処理ソリューションのフューチャースタンダードは,企業に求められる BCP(事業継続計画)へ向けた新型コロナウィルス対策のひとつとしてオフィスや商業施設などでの同時に多人数の発熱を早期に発見するために,「感染症対策ソリューション」の共同開発をスタートした(ニュースリリース)。

日本アビオニクスが従来から提供している高精度で温度測定が可能な赤外線サーモグラフィを使用した体表温スクリーニングシステムと,フューチャースタンダードが提供している可視画像を利用した顔認証AIを組み合わせ,顔認証で特定した複数の人物の検温記録を保存,発熱を検知する製品の開発をするとしている。

2020年6月16日 WEBセミナー『注目のUV-C(280nm以下)! 細菌・ウイルスの不活化に迫る技術』開催!

その他関連ニュース

  • カンタム,デンマークのUV-C消毒ロボを販売 2020年06月04日
  • 東大ら,励起状態の電子構造をAIで予測 2020年06月04日
  • 宮崎大,新型コロナに対するUV-LEDの有効性確認 2020年06月02日
  • ニコン,レーザースキャナーを森精機に供給 2020年06月02日
  • ウィルス・細菌の不活化に!「UV-Cセミナー」開催 2020年06月02日
  • 富士フイルム,CTから肺結節を検出するAI開発 2020年05月28日
  • 日機装のDUV-LED,新型コロナに有効性を確認 2020年05月28日
  • アイ・アール・システム,赤外線センサー素子を発売 2020年05月26日