東大ら,光ネットワークの仮想化制御に成功

東京大学,沖電気工業(OKI),三菱電機の研究グループは,現在もっとも普及しているPONの通信リソース(低遅延や大容量など通信における能力)を管理・制御する「PON リソース管理・割当制御技術」を開発し,光アクセスネットワークの仮想化制御試験に成功した(ニュースリリース)。

無線通信システムとして,国内でも今春から5Gの商用サービスが開始され,2025年頃には本格普及する見込みとなる。一方,IoTサービスにおいては,5Gを活用したさまざまな社会課題解決への期待の高まりに伴い,有線と無線が統合されたネットワーク上の通信サービス要求が多種多様化(超大容量化,超多数同時接続対応,超低遅延化・超高信頼化)している。

これらの要求は通信リソースを大量に消費するため,ネットワークの設備・運用コストが増大することが予想される。この課題を解決する技術として,経路全体にわたるネットワークについて,それぞれの通信サービスに合った形で通信リソースを柔軟かつダイナミックに管理・提供できる「ネットワークスライス関連技術」が注目されている。

研究グループは,通信サービスが多種多様化する5G/IoT本格普及期に向けて,通信リソースを有効利用できる柔軟なネットワークを提供するため,2017年に総務省から受託した「IoT機器増大に対応した有無線最適制御型電波有効利用基盤技術の研究開発」に取り組んでいる。

その中で,仮想的なPONを構築するオーケストレータ(東大担当),光アクセスシステムをPONなどのネットワーク形態に依存しない形態に抽象化して通信リソースの管理制御を行なうSDNコントローラー(SDNC)(三菱電機担当),および PONリソースの割当制御を行なうVOLTHA/vOLT形式のPON仮想化(OKI担当)の研究開発を行なってきた。

今回の試験では,「光アクセス網」部分における光アクセスシステムの通信リソースを仮想化制御するためのテストベッド(試験用プラットフォーム)を構築し,リソース割り当て試験を行ない,柔軟に仮想的なPONが構築できることを実証した。

今後,仮想的ネットワークをより効率的に構築するために,今回の開発技術をベースとしたダイナミックな割当制御技術を開発し,他の仮想化装置との協調動作検証や IoT有線無線リソース管理制御技術のプロモーション活動を実施していくとしている。

その他関連ニュース

  • 東北大ら,UV-C LED光無線の高速変調機構を解明 2020年08月03日
  • 2020年5G世界市場,11兆889億円 2020年07月31日
  • フジクラ,色素増感太陽電池製品群を拡充 2020年07月28日
  • ドコモら,5Gによる遠隔手術支援実験を開始 2020年07月27日
  • NTT-AT,小型版光配線切替ロボットを発売 2020年07月21日
  • 京セミ,高速フォトダイオードを開発 2020年07月17日
  • 千葉大ら,cmスケールの螺旋ファイバーを作製 2020年07月15日
  • NEC,光海底ケーブル「JGA」の北セグメント完工 2020年07月06日