ソニー,AI搭載イメージセンサーを発売

ソニーは,世界初となるAI処理機能を搭載したインテリジェントビジョンセンサー2タイプ「IMX500」,「IMX501」を商品化する(ニュースリリース)。

この製品は,イメージセンサーにAI処理機能を搭載することで高速なエッジAI処理を可能にし,必要なデータだけを抽出することで,クラウドサービス利用時におけるデータ転送遅延時間の低減,プライバシーへの配慮,消費電力や通信コストの削減などを実現する。

AI機能を実装したカメラの開発が可能となり,今後,小売業界や産業機器業界における多様なアプリケーションの実現や,クラウドと協調した最適なシステムの構築に貢献するとしている。

この製品は,画素チップとロジックチップを重ね合わせた積層構造を用い,ロジックチップにAIによる画像解析処理の機能を搭載した,世界で初めてのイメージセンサー。画素チップで取得した信号をセンサー内でAI処理を行なうことで,高性能なプロセッサや外部メモリーを必要とすることなく,エッジAIシステムを実現することが可能となる。

さらに,画像情報を出力しないメタデータ(撮像データに属する意味情報)の出力によるデータ量の削減やプライバシーへの配慮に加え,高速なAI処理による対象物のリアルタイムトラッキング,内蔵メモリーの書き換えによるユーザーの使用環境や条件に合わせたAIモデルの選択など,さまざまな機能により多様なアプリケーションを実現するとしている。

型名 サンプル出荷時期 サンプル価格(税抜き)
1/2.3型(対角7.857mm)有効約1230万画素
インテリジェントビジョンセンサー「IMX500」(ベアチップ製品)
2020年4月 10,000円
1/2.3型(対角7.857mm)有効約1230万画素
インテリジェントビジョンセンサー「IMX501」(パッケージ製品)
2020年6月(予定) 20,000円

 

その他関連ニュース

  • NECら,マイクロプラのAI計測システムを開発 2020年07月03日
  • 東京工科大,がん幹細胞を見分けるAI開発 2020年06月29日
  • NHK,積層型有機撮像素子を開発 2020年06月29日
  • オムニビジョン,車載イメージセンサー2機種発表 2020年06月26日
  • キヤノン,100万画素SPADセンサーを開発 2020年06月25日
  • NEDOプロ,リアルタイムSLAM等エッジ技術を開発 2020年06月19日
  • 東大,IGZOと不揮発性メモリを3D集積 2020年06月15日
  • 東芝,CCDリニアーイメージセンサー開発 2020年06月12日