ポジティブワン,3D ToFセンサーボックスを発売

ポジティブワンは,PoE機能を持つ3D ToFセンサーボックス「Argos 3D-P330」の販売を2020年6月3日に開始する(ニュースリリース)。

3Dセンサーは周囲の条件に関わらず,環境をすばやく3次元で取得できる。センサーは光ベースのレーダーとして機能し,赤外線ToFにより,最大100,000の距離値を同時に処理して,障害物,位置,オブジェクト,ボリュームを決定できる。

2D CMOSセンサーと組み合わせた高解像度深度センサーで,スマートセンサーICは,10万ピクセルを超える深度データとグレースケール画像データを同時に提供する。統合された高解像度CMOS 2Dカラーセンサーにより,最大720ピクセルの解像度でシーンを記録できる。

3D深度データのみ,または2Dデータと組み合わせてシーンを分析することが可能。検出範囲は,室内で10m以上,屋外で最大3m。開口角は80°。2Dおよび3DデータストリームはGbit/sイーサネット経由で送信され,PoE機能を備えている。

主な仕様は以下の通り。
検出範囲:屋内10m
大きさ:幅200mm×高さ200mm×奥行き62mm
保護クラス:IP42
CPU:i.MX6 Quad
ToFセンサー:インフィニオンIRS1125
解像度:352×287
イメージャー:OV5640(CMOS)
光源:LED 16xレーザーベース
波長:850nm

その他関連ニュース

  • シャープら,8Kでインタラクティブに文化財鑑賞 2020年07月01日
  • キヤノン,100万画素SPADセンサーを開発 2020年06月25日
  • NEDO,革新的センシングデバイス開発に着手 2020年06月22日
  • 産総研ら,ラジオクロミックの線量計を3Dプリント 2020年06月10日
  • アイ・アール・システム,赤外線センサー素子を発売 2020年05月26日
  • FASE,裸眼3D映像の医療向けタブレット発売 2020年05月25日
  • 神戸大ら,細胞を3D蛍光・位相イメージング 2020年05月18日
  • センサーや設備企業,室内環境最適化で協業 2020年04月09日