2025年,大型AMOLED市場は6,279億円に

富士キメラ総研はディスプレーデバイスの世界市場を調査し,その結果を「2020 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望」にまとめた(ニュースリリース)。

調査では,大型TFTは,テレビやIT機器(ノートパソコン,パソコン用モニター・AIO,タブレット端末),パブリック・サイネージモニター,医療用モニター,カラーマネジメントモニター,放送局用モニター向けを対象とした。大型TFTは需給動向による価格の動きが激しく,年ごとに市場動向が大きく変動する傾向にある。

2020年上半期は,世界的に在宅勤務が広がったことから個人向けパソコンの需要が高まり,パソコン用モニターやノートパソコン向けが増加したほか,医療用モニターで特需が発生した。一方,テレビ向けはセット生産の低迷によりパネル出荷が落ち込んだため低調だった。

2020年下半期は,パソコン用モニターや医療用モニター向けが引き続き好調で,テレビ向けの出荷が回復しつつあるものの,通年では2019年比5.1%減を見込む。2021年以降はパソコン用モニターやノートパソコン向けは減少に転じ,長期的にはOLED-TVの台頭によりテレビ向けも縮小するため,今後市場は微減で推移するとみる。

中小型TFTは,スマートフォン向けのウェイトが60%以上を占めていることから,その需給動向に市場が左右されるという。2019年はスマートフォンのセット生産が減少したのに加え,AMOLEDの採用比率が高まったため,中小型TFTの市場は2018年比9.5%減となった。

2020年は,ヘッドマウントディスプレー向けは好調だが,主力のスマートフォンや車載ディスプレー向けが新型コロナウイルス感染症の感染拡大や米中貿易摩擦の影響により大幅に減少するとして,市場は2019年比21.7%減を見込む。2021年以降は車載ディスプレーでの需要増加により,市場は回復に向かうものの,2025年時点でも2019年の市場を下回ると予想する。

大型AMOLEDは,テレビやパソコン用モニター,ノートパソコン,タブレット端末,パブリック・サイネージモニター,医療用モニター,カラーマネジメントモニター,放送局用モニター向けを対象としている。

2020年上半期の市場は,主力のテレビ向けが低迷した一方,ノートパソコンでの採用が急速に本格化しているという。2020年下半期は,引き続きノートパソコンやタブレット端末向けが好調で,また,テレビ向けも回復しつつあるため,2019年比16.6%増を見込む。

2021年以降は,テレビ向けに加え,ノートパソコンやタブレット端末向けが市場拡大をけん引するとみる。サイズが大きく高単価であるテレビ向けを中心とした市場構造が続くものの,ノートパソコンの大幅な需要増加も市場拡大に寄与するとしている。

中小型AMOLEDは,スマートフォン向けが80%以上を占める。大手スマートフォンメーカーによるプラスチックAMOLEDの採用増加を背景に市場拡大が続いているという。2020年は,スマートフォンのセット生産が落ち込んでいるものの,TFT LCDからの置き換え需要を取り込んでいるため,市場は微増を予想する。特に付加価値性が高いプラスチックAMOLEDの需要増加が市場拡大に寄与しているとする。

2021年以降は,スマートフォン向けを中心に,スマートウォッチ・ヘルスケアバンド,ヘッドマウントディスプレー,車載ディスプレー向けの増加を予想する。2022年にはヘッドマウントディスプレーの新機種が投入され,また,車載ディスプレーでは高コントラスト,優れた黒色表示,ベンダブル応用を目的に,コスト高ではあるものの一部車種で採用が期待されるという。

マイクロOLEDは,電子ビューファインダー(EVF)やスマートグラス,ヘッドアップディスプレーなどで採用されている。2019年時点ではミラーレスカメラおよびデジタルカメラ(DSC)のEVF向けが80%以上を占めている。

ミラーレスカメラおよびDSCにおけるEVF搭載率は上昇しているため,当面はEVF向けで堅調な需要が予想される。今後は,スマートグラスで急速な需要増加が予想され,2021年にはEVF向けを超えるとみる。特にBtoC向けのMRスマートグラスでの採用が想定され,大きな伸びが期待されるという。

LCD関連部材6品目の2020年の市場は,2019年比4.8%減を見込む。配向膜材料や液晶材料,シール剤,偏光板保護フィルム・位相差フィルムが単価下落により縮小している。一方,ハイエンドLCD-TV用パネルで採用が増加しているQDシートは2019年比30%近い増加が見込まれ,今後の伸びが期待されるとする。

OLED関連部材9品目の2020年の市場は,2019年比8.4%増を見込む。プラスチックAMOLEDのTFT基板として採用されるポリイミドワニスやフォルダブル用カバー材料,Y-OCTA用オーバーコート剤が好調という。今後,中小型AMOLEDで「Y-OCTA」タイプのタッチセンサーが主流になるため,特にY-OCTA用オーバーコート剤が大きく伸びるとみる。

LCD・OLED共通関連部材6品目の2020年の市場は,各品目が前年割れになるとみる。2021年には多くの品目が増加に転じるとし,以降は微増での市場推移を予想する。

調査では,注目市場としてQDシート,QDインクを取り上げた。量子ドット(QD)技術による波長変換を行なうことで,豊かな色再現が可能になる。QDシートはLCD向けですでに市場が立ち上がっているほか,QDインクはAMOLEDやマイクロLED向けでの市場拡大を予想する。

QDシートは,LCDのバックライトユニットに採用される量子ドットシートを対象とした。2019年時点では,需要の大半はSamsung El.の「QLED」向けであり,「QLED」製品の拡販に伴いQDシートの需要は増加している。2020年はテレビ市場が縮小する中でも「QLED」製品は比較的好調であり,また,新興メーカーを含めた他メーカーもハイエンドテレビ向けの技術としてQDシートの採用を進めていることから,市場は2019年比28.6%増を期待する。

2021年には,Samsung DisplayがQD-OLEDを量産する計画であり,2021年,2022年と大幅な市場拡大を期待する。また,中国テレビメーカーはミニLEDバックライトを採用したLCD-TVでHDR(ハイダイナミックレンジ)対応を進めるケースもみられるといい,ミニLEDを搭載するLCD-TVにおいてQDシートの採用増加が期待されるという。

QDインクは,QD材料をバインダー樹脂に分散したインクジェット用材料を対象とした。QD-OLEDにおいて,光源の青色光を赤色光や緑色光に変換させるQD-CF向けの材料として検討が進められている。

Samsung Displayは2021年に青色OLEDとQD-CFを組み合わせたQD-OLEDを量産する計画であり,それによりQDインクの市場が立ち上がるとみる。また,QD-CFはマイクロLEDディスプレーでの採用も想定され,今後はBtoBやホームシアターなどの最上位テレビに応用されるとみられることから,QDインクの需要増加が期待されるという。2021年以降,市場は順調に拡大し,2025年には416億円を予測する。

その他関連ニュース

  • 東北パイオニア,医療機器向け有機ELパネルを出荷 2020年10月20日
  • ソニー,高精細な3D画像裸眼ディスプレーを発売 2020年10月19日
  • ams,スマホ向け光学センサーを発表 2020年10月19日
  • 九大ら,発光性希土類錯体のエネルギー機構解明 2020年10月16日
  • SEMI,シリコン出荷面積は順調に回復と発表 2020年10月14日
  • パナ,車載用反射防止フィルムを製品化 2020年10月12日
  • 大有機の光配向材料,有機ELFDに採用 2020年10月09日
  • 2020年車載ディスプレー出荷数,前年比82.9%に 2020年10月01日