SEMI,2023年300mmファブ投資の記録更新を予測

SEMIは11月3日(米国時間),最新のレポート「300mm Fab Outlook to 2024」において,300mmファブ投資額が2020年に前年比13%増加し,2018年に記録された過去最高記録を上回り,2023年には再度の記録更新をするとの予測を発表した(ニュースリリース)。

それによると,COVID-19パンデミックによる全世界のデジタル・トランスフォーメーションの加速により2020年のファブ投資に火がつき,この投資増は2021年まで続く見込みだという。

この成長を後押しするのが,クラウドサービス,サーバー,ラップトップ,ゲーム,ヘルスケア向けの半導体需要の高まり。また,5G,IoT,自動車,AI,機械学習等の急速に発展するテクノロジーが,コネクティビティの拡大,大型データセンター,ビッグデータの需要を掻き立てていることも,この成長の背景だとする。

半導体ファブへの投資の成長は2021年まで継続するが,その勢いは前年比4%まで減速するとみる。前回の産業サイクルと同様に,2022年,2023年の700億ドルという最高額の翌2024年にも,わずかな減少を予測する。

地域別に見ると,中国は300mm生産能力の世界シェアを急速に高めており,2015年には8%だったシェアは2024年に20%まで増加し,300mm月産生産能力は150万枚に達するという。この成長の大きな部分は非中国系企業によるものだが,中国系企業による生産能力投資は加速している。中国系企業は2020年に中国のファブ生産能力の約43%を占めるが,2022年には50%,2024年には60%に達すると見込む。

日本の300mm生産能力のシェアは減少傾向であり,2015年の19%から2024年には12%となると予測。南北アメリカのシェアもまた減少し,2015年の13%から2024年には10%となると予測した。

地域別で最大の設備投資をするのが韓国で,150億ドルから190億ドルの投資を見込む。韓国に続くのが台湾で,300mmファブへの投資額は140億ドルから170億ドルとなるという。第3位の中国は110億ドルから130億ドルを投資する見込みだとする。

投資額の小さな地域はより急激な投資増が2020年から2024年に見られるという。欧州/中東は164%と増加率が最大となり,東南アジアの59%,南北アメリカの35%,日本の20%がこれに続く。

製品分野別では,メモリーが300mmファブ投資の増加の大部分を占める。投資額の実績および予測は,2020年から2023年にかけて毎年一桁台後半の安定した成長を続け,2024年には10%の高成長をすることを示しているという。

DRAMと3D NANDの300mmファブ投資は,2020年から2024年までは起伏があるとする。これに対し,ロジック/MPUの投資は,2021年から2023年にかけて安定した改善を見せる。パワー半導体は,300mmファブ投資では2021年に200%以上の突出した伸び率を示し,2022年と2023年も二桁成長を続けるとしている。

その他関連ニュース

  • SEMI,シリコンウエハーの出荷面積は横ばいと発表 2020年11月04日
  • SEMI,シリコン出荷面積は順調に回復と発表 2020年10月14日
  • 2020年車載ディスプレー出荷数,前年比82.9%に 2020年10月01日
  • 2025年,大型AMOLED市場は6,279億円に 2020年10月01日
  • 2020年度植物工場市場,前年度比142%の129億円 2020年09月23日
  • 2025年半導体市場,光学関連はモバイルがけん引 2020年09月11日
  • SEMI,コロナが半導体製造装置市場を牽引と発表 2020年09月10日
  • 2045年,自動運転レベル3車両は4,280万台に 2020年09月07日