風立ちぬ ─ 光と影の仕業 ─

月谷昌之介

風立ちぬ。堀辰夫の小説,かつてのアイドルの歌の曲名,アニメ映画のタイトルなど,この言葉で何が思い浮かぶかは人さまざまだろう。僕がこの言葉に感じるイメージとしては,なんとなくふにゃふにゃと過ごしてしまった夏も終わり,これからしっかりと生きるぞ,という季節のけじめにさっと吹く秋風,という感じだ。ちょうど10月くらいだろうか。

ひかりがたり1310-1

一抹の寂しさと颯爽とした決意が入り混じった味わい深い言葉だ。僕は今の今まで,この言葉は秋の季語だと信じていた。ところがである。思い立って歳時記を調べてみたらこの言葉が載っていない。
もしかしたら「風立つ」という言葉がオリジナルであったかと思い,それも調べてみたがやっぱり無い。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • ロマンス?グレー 月谷昌之介 2020年01月31日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日
  • 相撲放送を見ていて感じました 2020年01月17日