IoTで作る放射線測定器(後編)

●クライアント側プログラム

ICT_1507_14

クライアント側プログラムが大きく測定部分と通信部分に別れるのは,この連載の他の部分と同じだ。

通信部分のTCP/IPでの通信そのもののところは,「RSClientCom.c」プログラムにまとめてあり,実際の計測を行う「RSClint.c」プログラム内から呼び出される。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • レーザークリーニング技術と実用の可能性
    レーザークリーニング技術と実用の可能性 ㈱タマリ工業 三瓶和久 2017年11月01日
  • 眠れる海底資源に光を当てる
    ─海底レーザースキャナーの開発とその意義
    JAMSTEC
    海洋工学センター 
    石橋 正二郎
    2017年03月09日
  • 「IoTのこれから」(後編)
    「IoTのこれから」(後編) 三田 典玄 2015年08月31日
  • 「IoTのこれから」(中編)
    「IoTのこれから」(中編) 三田 典玄 2015年08月26日
  • 「IoTのこれから」(前編)
    「IoTのこれから」(前編) 三田 典玄 2015年08月24日
  • ガラス中での金属球のレーザマニピュレーションと軌跡への微粒子の析出
    ガラス中での金属球のレーザマニピュレーションと軌跡への微粒子の析出 千葉大学 比田井洋史 2015年08月03日
  • IoTで作る放射線測定器(前編)
    IoTで作る放射線測定器(前編) 三田 典玄 2015年07月31日
  • 技術の階層
    技術の階層 池澤 直樹 2015年07月31日