弱力,弱光技術とアパレル

(MEMSとの遭遇)

新しい発明に感激させられることはよくありますが,思い出深い一例にMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)があります。初めて見たのは,雑誌の表紙にあったシリコンウエハーに作り込まれたガスクロマトグラフでした。

MEMSでは,シリコンの微細加工技術により,センサー・アクチュエーター,電子回路をはじめ光回路や音波回路,流体回路も作り込める技術と感じられました。結局はそうはならなかったのですが,その時は,シリコンICの再登場といった位の衝撃を受けました。

(MEMSについての楽しい妄想)

電子とフォトンとフォノンをキャリアとするハイブリッド回路技術の出現という妄想も待ちました。材料のハイブリッド化の提案もありましたが,珪石器時代といった言葉もあり,光回路ではシリコンに透明度がある波長を選ぶ方が好ましく思われました。

シリコンはフォノンに対しても相性が良いように思われました。シリコンの微細加工技術によれば,散乱を受けない,いわゆる弾道フォノンの実現も可能で,デバイスのヒートマネジメントにも新たな可能性があるように思いました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • ガウシアンビームの伝播(1) 2020年02月17日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日
  • 相撲放送を見ていて感じました 2020年01月17日
  • 成長期の「棚からぼた餅」 2020年01月06日
  • 喋りたいことが喋れる質問を 2019年12月17日