メタボとイノベーション

(夫婦のメタボ率)

嫌な話を聞きました。メタボ化は夫婦そろって進行することが多いという話です。言い訳の種が身近にあるといった状況になり,気楽にメタボ化が進行するのだそうです。共倒れ,というか共太りです。

「朱に交われば赤くなる」です。「井の中の蛙」という言葉もありますが,一般的に夫婦は同じ井戸の中で生活しているので,同じ色に染まり易い環境にいます。本当は,「人の振り見て我が振り直せ」です。

(メタボ化だけでなくガラパゴス化も)

嫌な感じを受けたのは,メタボ化のこともありましたが,ガラパゴス化の話を思い出したためでもありました。基準と比較し自身の変化を確認することは,メタボ化だけでなくガラパゴス化を避けるためにも必要な活動です。

しかしもちろん比較の基準は,比較する目的に適していることが必要です。適切な比較対象が選ばれていなければ,「メタボをまねてメタボになる」とか「ガラパゴスをまねてガラパゴスになる」です。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 三方一両損 2020年05月18日
  • 評価のパラドックス 2020年04月16日
  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日
  • 相撲放送を見ていて感じました 2020年01月17日