ホログラム(Ⅲ)

5. 色収差

図8.15 色収差
図8.15 色収差

今回は,波長の違いによって像のできる位置が異なる色収差という現象について説明する。色収差は,屈折でも回折でも生じる現象である。屈折に関しては,第6回望遠鏡の項で,回折に関しては,前号で,その影響について少し触れた。

物質の屈折率は波長に依存し,このことを波長分散と呼ぶ。波長分散により,レンズによってできる像の位置は,波長によって異なることになる。また,回折レンズの回折角は,式(8.5)で与えられるように,使用する光の波長にほぼ比例する。このようなレンズに平行光を入射させると,図8.15(a)に示すように,白色光は波長に分解され,縦方向にばらける。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

会員ログイン
 ログイン状態を保存する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • 最終章
    最終章 2017年02月13日
  • 光ファイバ(Ⅱ)
    光ファイバ(Ⅱ) 2017年01月19日
  • 光ファイバ(Ⅰ)
    光ファイバ(Ⅰ) 2016年12月16日
  • ホログラム(Ⅱ)
    ホログラム(Ⅱ) 2016年10月07日
  • ホログラム(Ⅰ)
    ホログラム(Ⅰ) 2016年09月15日
  • ミラー(Ⅱ)
    ミラー(Ⅱ) 2016年08月09日
  • ミラー(Ⅰ)
    ミラー(Ⅰ) 2016年07月11日
  • 偏光子(Ⅲ)
    偏光子(Ⅲ) 2016年06月10日