コンクリート音響探傷システム

1. はじめに

Focus_1512_07

現在,日本の交通インフラにおいて高度成長期以降の大量・急速施工の時代に建設されたトンネルや橋梁などのコンクリート建造物の多くが老朽化により保守期を迎えつつある。この時代に使用されたコンクリートの寿命は比較的環境条件が良好な場合でも100年程度,劣悪な場合では50年程度と言われている。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • レーザークリーニング技術と実用の可能性
    レーザークリーニング技術と実用の可能性 ㈱タマリ工業 三瓶和久 2017年11月01日
  • 深紫外(波長<300 nm)LEDの樹脂封止</br>〜水銀フリー時代の幕開け〜
    深紫外(波長<300 nm)LEDの樹脂封止
    〜水銀フリー時代の幕開け〜
    創光科学㈱1,旭硝子㈱2,名古屋大学3,名城大学4
    平野 光1,長澤陽祐1,一本松正道1,青崎 耕2,天野 浩3,赤﨑 勇3, 4
    2016年11月21日
  • マイクロトロン電子加速器で実現した産業用X線CTの特徴
    マイクロトロン電子加速器で実現した産業用X線CTの特徴 ㈱光子発生技術研究所 前尾修司,山田貴典 ㈱みらくるセンター 尾崎健人 立命館大学 山田廣成 2015年11月06日
  • 畜肉を早期に熟成させて美味しくする光処理技術
    畜肉を早期に熟成させて美味しくする光処理技術 八戸工業大学 青木秀敏 2015年09月16日
  • 偏光高速干渉計測を実現するULTRA FAST干渉計“SuperFIZ”
    偏光高速干渉計測を実現するULTRA FAST干渉計“SuperFIZ” ㈱清原光学 吉井 実 2015年08月19日