脳のヘルスメーターが読み解く新たなビッグデータ ─「脳トレ」は光と共に新たなステージへ─

◆星野 剛史(ホシノ タケシ)
㈱NeU クリエーション・ワークユニット シニアマネージャー

平成3年4月 ㈱日立製作所 デザイン本部
平成24年4月 日立アプライアンス㈱ 商品戦略本部
平成30年4月 ㈱NeU 現在に至る

我々は日頃,「脳」について意識することは少ない。しかし,脳漿の海に浮かぶその柔らかな臓器は我々の行動を規定し,思索や感情の源泉となる,人間が人間たる根幹をなす確かな存在である。

だが,無数の神経細胞が入り組み,激しく発火し,休むことなく信号を送り続ける巨大な電気回路はさながら宇宙であり,簡単に触れられない領域でもあった。

その脳の核心に,科学は徐々にだが迫りつつある。中でも大脳皮質と呼ばれる脳の表面部分については,それぞれの部位が持つ役割が明らかになると共に,その活動レベルが,脳の状態を知るパラメーターとなることがわかってきた。

それを簡便に計測することで実生活に役立てようとするベンチャーが注目されている。㈱NeUでは近赤外光を用いた小型・軽量な脳活動計を開発し,得られたデータで新たなビッグデータビジネスを目論む。今回,その技術とプランについて,同社エンジニアの星野剛史氏に話を伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 夜空に輝く人工流れ星が導く世界とは─いよいよ第一歩を踏み出す世界初の技術に迫る ㈱ALE 蒲池 康 2020年05月26日
  • 緑の光が日本の漁業を救う─陸上養殖のカギとなる光の効能とは 北里大学 高橋明義 2020年04月21日
  • 金属3Dプリンターが拓く新たな産業応用─形だけでなく機能性も付与する意義とは 慶應義塾大学 小池 綾 2020年03月19日
  • 高感度・高速カメラが捉える新たな現象 ─オーロラに隠された秘密に迫る 国立極地研究所 片岡 龍峰 2020年01月20日
  • 相対性理論を証明する ─いま最も精密な時を測る光格子時計の実力とは? 東京大学 香取 秀俊 2019年12月20日
  • 光技術が可能にした迫真の星空─最新のプラネタリウムで活躍する光学技術とは ㈱五藤光学研究所 笠原 誠 2019年11月19日
  • 光ピンセットが紡ぐ日台友好─研究者が見た台湾パワーの源泉とは 台湾・国立交通大学 増原 宏 2019年10月28日
  • その技術は宇宙を目指す!未知の海底を照らす海洋フォトニクスとは 東京大学 ソーントン ブレア 2019年09月18日