空の玄関口を睨む光の眼─LIDARが見守る航空機と乗客の安全

◆神田 克裕(カンダ カツヒロ)
東京航空地方気象台 観測管理官付 主任技術専門官

主な職務:空港気象ドップラーレーダー・ライダー運用管理
1988年 旧高田測候所採用以降,新潟地方気象台,旧相川測候所,旧富山空港出張所,成田航空地方気象台を経て
2011年~ 気象庁観測部観測課観測システム運用室
2014年~ 気象庁観測部観測課航空気象観測整備運用室
2017年~ 現職

空の玄関口である空港には毎日多くの人々が降り立ち,旅立っていく。小規模な施設も含めて日本国内には97もの空港が存在するが,そのうち乗降客数が最も多いのは東京国際空港(羽田空港)で,その数は国内線・国際線を合わせると年間8,500万人を超える。これは世界の空港においても第4位の数字となっている。

さらに昨年は訪日外国人旅行者数が3,000万人を上回り,東京オリンピックを迎える来年にかけてさらに増えることが予想されるが,航空機の運航には変わらぬ安全性が求められることは言うまでもない。

特に航空機の事故が多いのが「魔の11分間」と呼ばれる離着陸時だ。東京国際空港に設置されている東京航空地方気象台は,万が一にもそうした事態が起こらぬ様,空港付近の気象を常に見守っている。

今回はそこで行なわれているLIDARを使った気象観測について,実際の装置の見学を交えて紹介して頂いた。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • NTTが描く次世代光通信と新たな世界─IOWN構想が導く未来とは 日本電信電話(株) 芝 宏礼,大西 隆之,工藤 伊知郎 2020年11月24日
  • 日常に溶け込むダイナミックプロジェクションマッピング─照明としてのプロジェクターの可能性を探る 東京工業大学 渡辺 義浩 2020年10月20日
  • 全ての光を吸い込む究極の黒─「曲げて触れる」微細構造とは (国研)産業技術総合研究所 雨宮 邦招 2020年10月05日
  • 光技術が再構築する伝統芸能─「能」に新たな風を吹き込む 明治大学 福地 健太郎 2020年09月16日
  • 伝統工芸から町おこしまで─レーザー加工が繋ぐ人の絆 (一社)Fab Design Association(FDA)竹末 俊昭,夏山 一彦,U-suke 2020年09月11日
  • 世界の頭脳が集う亜熱帯の研究機関─OISTの魅力を気鋭の研究者に聞く 沖縄科学技術大学院大学(OIST) Bernd Kuhn 2020年09月08日
  • ランプの光が 未知なる小惑星へと探査機を導く─世界を驚かせた成果を支える職人の技 ミヤタエレバム(株) 宮田 智幸 2020年08月20日
  • 光学センサーが実現するダイバーシティ─より身近な自動運転技術の実現へ (国研)産業技術総合研究所 阪野 貴彦 2020年08月19日