空の上のブロッケン

飛行機に乗るときに座席をどこに確保するか,ということは旅の快適性を左右する重大な問題だ。景色の見える窓側か,トイレなどに立ちやすく片側が解放されれている通路側か,はたまた少しでもエンジン音が少ない翼の前方席を何が何でも確保するか。僕の場合,飛行時間が短い国内線であれば絶対に景色優先で窓側だ。どちら側の窓からどんな景色が見えるのか,事前に調査してから座席予約をすることにしている。

以前には,なるべく早く空港に到着してカウンターで早い者勝ちで良い席を確保していたけれども,今ではインターネットで事前に座席指定が可能なので,競争は随分早くから始まる。先日,出張で札幌に行った際には,予約が搭乗間近の日程だったこともあって,ネットから座席指定を入れたときには僕が好きな山並みを眺めることができる進行方向左手の窓側席はすべて満席だった。仕方がないので,主に海側の景色が広がる右手窓側席を予約したのである。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 続・光速半分 月谷昌之介 2019年08月19日
  • 光速半分 月谷昌之介 2019年07月09日
  • 信号機の威厳
    信号機の威厳 月谷昌之介 2019年05月17日
  • 鼻血の話
    鼻血の話 月谷昌之介 2019年03月28日
  • 豆電球にシンパシー 月谷昌之介 2019年02月22日
  • ステンドグラスは永遠だけど 月谷昌之介 2019年01月17日
  • ノーベル賞とピンセット
    ノーベル賞とピンセット 月谷昌之介 2018年12月25日
  • 幻日の現実
    幻日の現実 月谷昌之介 2018年11月16日