コーヒー色であるということ

コーヒーを淹れるひとときは幸せだ。フィルターに盛ったコーヒー豆の粉にお湯を注ぐと,香りとともにプクプクと泡が立ち,粉全体が饅頭のように膨れ上がる。ひとたび待って,ほどよい時間が経ってから再びお湯をゆっくりと注いでいく時に,白く盛り上がりながら次々と湧き出す泡の盛衰は見ていて飽きない眺めだ。しばらくすると,ドリッパーからポトポト落ちるコーヒーの滴のうちいくつかが,わずかの間だけれどもサーバーにたまったコーヒーの水面(湯面?)で跳ねて踊る姿が見られるだろう。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 瞳に炎
    瞳に炎 月谷昌之介 2018年08月07日
  • 鉄腕アトムの目のチカラ
    鉄腕アトムの目のチカラ 月谷昌之介 2018年07月13日
  • レーザーポインター光線
    レーザーポインター光線 月谷昌之介 2018年07月01日
  • 立ち食い蕎麦にも森羅万象
    立ち食い蕎麦にも森羅万象 月谷昌之介 2018年04月18日
  • めくるめく印象派
    めくるめく印象派 月谷昌之介 2018年03月26日
  • X線を越えるもの
    X線を越えるもの 月谷昌之介 2018年02月22日
  • ブルーライトカットと言われても
    ブルーライトカットと言われても 月谷昌之介 2018年01月17日
  • いつのまにか積丹ブルー
    いつのまにか積丹ブルー 月谷昌之介 2017年12月12日