幻日の現実

仕事帰りの道すがら,まだ日が長い時期で,夕日というには少し早めの太陽が西にうっすらとかかった雲を透かして見えている。その太陽から水平方向右側,少し離れたところに光の塊が出現しているのを見つけた。それは少し縦長で,水平方向に虹色ににじんでいる。よく見れば太陽を挟んで反対側にも同じような光の塊が出現している。幻日だ。本物の太陽は少し暴力的な強さを持つ神のような存在だけれども,幻日はなんとも神秘的で,いつ消えてしまうかわからない儚さを感じさせる存在である。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 信号機の威厳
    信号機の威厳 月谷昌之介 2019年05月17日
  • 鼻血の話
    鼻血の話 月谷昌之介 2019年03月28日
  • 豆電球にシンパシー 月谷昌之介 2019年02月22日
  • ステンドグラスは永遠だけど 月谷昌之介 2019年01月17日
  • ノーベル賞とピンセット
    ノーベル賞とピンセット 月谷昌之介 2018年12月25日
  • 憧れのシャンパンゴールド
    憧れのシャンパンゴールド 月谷昌之介 2018年10月22日
  • 失せ物がたり
    失せ物がたり 月谷昌之介 2018年09月25日
  • 瞳に炎
    瞳に炎 月谷昌之介 2018年08月07日