プロリンクス,深紫外光/広波長域対応ファイバーを発売

プロリンクスは,独セーラムオプテック社のファイバーとして,深紫外光を照射した際の石英劣化(ソラリゼーション)を防ぐ「OPTRAN UVNSS」と,紫外光~可視光~近赤外線まで,広範囲の波長域に対して低損失の「OPTRAN UVWFS」をリリースした(製品ページ)。

「OPTRAN UVNSS」は通常のファイバーにはないハーメチックカーボン層を持ち,ソラリゼーションの影響を抑えることができる。これはセーラムオプテック社の従来のUV波長対応ファイバー「OPTRAN UV」と比較しても非常に大きな改善がみられる。そのため,医療診断機器など,300nm以下の深紫外光を使用するアプリケーションに推奨される。

コア径は100um~600umm,NAは0.12から最大0.28まで選択でき,標準品に加えてカスタム仕様での線引きも行なっている。またこのファイバーを使用したケーブル化・バンドル化も行なっている。

「OPTRAN UVWFS」は,従来のUV波長対応「OPTRAN UV」と,可視光~近赤外波長対応の「OPTRAN WF」を掛け合わせた透過特性を持つファイバーとなる。したがって,通常UV波長用ファイバーと可視~近赤外波長用ファイバーを組み合わせる必要のある用途でも,1種類のファイバーで広帯域での低損失伝送を実現する。そのため,分析装置やセンシングなど,広範囲の波長域を利用するアプリケーションに適しいてる。

コア径は100um~600umm,NAは0.12から最大0.28まで選択でき,こちらも標準品に加えてカスタム仕様での線引きも行なうほか,このファイバーを使用したケーブル化・バンドル化も行なっている。

その他関連ニュース

  • NEC,太平洋横断光海底ケーブルの供給契約を締結 2018年07月09日
  • 住友電工,低損失大口径ファイバ―ケーブルを納入開始 2018年05月23日
  • NTTら,PCFで加工用高出力レーザーの長距離伝送に成功 2018年05月01日
  • NICTら,標準外径ファイバで159Tb/s・1045km伝送 2018年04月05日
  • NTT-AT,放送・映像向け光コネクタ清掃用クリーナを発売 2018年04月04日
  • プロリンクス,小型ファイバー素線端面測定機を発売 2018年04月04日
  • 日本レーザー,CO2レーザービーム伝送システムを販売開始 2018年03月28日
  • 名大ら,最高分解能の放射線画像化装置を開発 2018年02月20日