プロリンクス,深紫外光/広波長域対応ファイバーを発売

プロリンクスは,独セーラムオプテック社のファイバーとして,深紫外光を照射した際の石英劣化(ソラリゼーション)を防ぐ「OPTRAN UVNSS」と,紫外光~可視光~近赤外線まで,広範囲の波長域に対して低損失の「OPTRAN UVWFS」をリリースした(製品ページ)。

「OPTRAN UVNSS」は通常のファイバーにはないハーメチックカーボン層を持ち,ソラリゼーションの影響を抑えることができる。これはセーラムオプテック社の従来のUV波長対応ファイバー「OPTRAN UV」と比較しても非常に大きな改善がみられる。そのため,医療診断機器など,300nm以下の深紫外光を使用するアプリケーションに推奨される。

コア径は100um~600umm,NAは0.12から最大0.28まで選択でき,標準品に加えてカスタム仕様での線引きも行なっている。またこのファイバーを使用したケーブル化・バンドル化も行なっている。

「OPTRAN UVWFS」は,従来のUV波長対応「OPTRAN UV」と,可視光~近赤外波長対応の「OPTRAN WF」を掛け合わせた透過特性を持つファイバーとなる。したがって,通常UV波長用ファイバーと可視~近赤外波長用ファイバーを組み合わせる必要のある用途でも,1種類のファイバーで広帯域での低損失伝送を実現する。そのため,分析装置やセンシングなど,広範囲の波長域を利用するアプリケーションに適しいてる。

コア径は100um~600umm,NAは0.12から最大0.28まで選択でき,こちらも標準品に加えてカスタム仕様での線引きも行なうほか,このファイバーを使用したケーブル化・バンドル化も行なっている。

その他関連ニュース

  • フジクラ,3456心光ファイバーケーブルを製品化 2017年11月08日
  • フジクラ,長距離伝送向け低損失大面積ファイバーを開発 2017年11月08日
  • KDDI研,モバイル無線信号の大容量光ファイバー伝送に成功 2017年10月24日
  • 日東電工,POF市場に参入 -慶大との連携も- 2017年09月27日
  • NEC,太平洋横断ケーブル「SEA-US」の建設を完了 2017年09月22日
  • フジクラ,改良型光ファイバー融着接続機を発売 2017年09月05日
  • NTTら,汎用と同径のMCFで118.5Tb/s伝送に成功 2017年08月08日
  • NTT,既設ファイバーで400Gb/sマルチバンド伝送に成功 2017年05月31日