富士フイルム,シネマレンズでエミー賞受賞

富士フイルムは,米テレビ芸術科学アカデミー(The Academy of Television Arts & Sciences : ATAS)より,「シネマ用ズームレンズの開発」で,「2017年 エミー賞」を受賞した(ニュースリリース)。

「エミー賞」は,1948年に「米国テレビ芸術科学アカデミー」によって設立されたものであり,放送業界における技術の発展に突出して貢献した企業や団体,個人に対して授与される,業界で最も権威のある賞。

今回の受賞は,圧倒的な描写力を実現するシネマ用ズームレンズの開発に対して,高度な光学技術が世界中の映画・テレビ番組・CM制作などの現場で認められ,高画質化や映像表現の進化に貢献してきた功績が高く評価されたもの。

富士フイルムのエミー賞の受賞は,1982年の「映画用フジカラーネガフィルムA250の開発」,1990年の「メタルテープ技術の開発」,1996年の「CCD化に対応したレンズの開発」,2005年の「ハイビジョン化に対応した高性能レンズ」,2009年の「放送用レンズの世界初オートフォーカスシステム『プレシジョン・フォーカス』」に続き,今回で6度目。

その他関連ニュース

  • 日本電気硝子,プレス成形可能な赤外線ガラスを開発 2019年07月18日
  • 東工大,究極の対物レンズの設計に成功 2019年07月17日
  • 三菱ガス化学,増産に伴いプラレンズ廃材を再生 2019年07月10日
  • エドモンド,λ/40RMSの非球面レンズを販売 2019年07月02日
  • 三井化学,レンズ技術でクリエイターとコラボ 2019年07月01日
  • 日本触媒,有機EL討論会「第12回業績賞」を受賞 2019年06月14日
  • 住友電工,IEC活動推進会議議長賞を受賞 2019年06月13日
  • 富士フイルム,独自配列のセンサーで発明表彰受賞 2019年05月27日