富士フイルム,シネマレンズでエミー賞受賞

富士フイルムは,米テレビ芸術科学アカデミー(The Academy of Television Arts & Sciences : ATAS)より,「シネマ用ズームレンズの開発」で,「2017年 エミー賞」を受賞した(ニュースリリース)。

「エミー賞」は,1948年に「米国テレビ芸術科学アカデミー」によって設立されたものであり,放送業界における技術の発展に突出して貢献した企業や団体,個人に対して授与される,業界で最も権威のある賞。

今回の受賞は,圧倒的な描写力を実現するシネマ用ズームレンズの開発に対して,高度な光学技術が世界中の映画・テレビ番組・CM制作などの現場で認められ,高画質化や映像表現の進化に貢献してきた功績が高く評価されたもの。

富士フイルムのエミー賞の受賞は,1982年の「映画用フジカラーネガフィルムA250の開発」,1990年の「メタルテープ技術の開発」,1996年の「CCD化に対応したレンズの開発」,2005年の「ハイビジョン化に対応した高性能レンズ」,2009年の「放送用レンズの世界初オートフォーカスシステム『プレシジョン・フォーカス』」に続き,今回で6度目。

その他関連ニュース

  • NAIST岡田豪氏,セラミックス基礎科学討論会でBest Presentation Awardを受章 2018年01月23日
  • 東大合田教授,超高速イメージング・分光で高野榮一賞を受賞 2018年01月15日
  • 東大合田教授,SPIEフェローに選出 2017年12月21日
  • 埼玉大 吉川洋史氏,日本結晶成長学会論文賞を受賞 2017年12月11日
  • オハラ,温度変化に適した高屈折率光学ガラスを発売 2017年12月05日
  • オハラ,負のdn/dTを有する光学ガラスを発売 2017年10月31日
  • 理科大藤嶋学長,平成29年度文化勲章を受章 2017年10月25日
  • 「ゴットフリード・ワグネル賞 2018」公募開始 2017年10月20日