犯罪に立ち向かう光技術 ─僅かな証拠も逃さない科警研の研究とは

◆秋葉 教充(アキバ ノリミツ)
科学警察研究所 鑑定官

2000年 東北大学大学院工学研究科修了。博士(工学)。2000年に警察庁科学警察研究所に入庁。静岡県警科学捜査研究所研究員,三重県警科学捜査研究所所長を経て,2014年より現職。光を用いた鑑定技術の研究開発を行っているほか,画像・映像鑑定,偽造通貨の鑑定にも携わっている。応用物理学会講演奨励賞,日本法科学技術学会奨励賞を受賞。

近年,いわゆる振り込め詐欺やネットを悪用した事件など新たなタイプの犯罪が次々と現れ,日本における刑法犯の認知件数は増加傾向にあると言われている。しかし,殺人や強盗といった凶悪犯に限って見れば,その検挙率は世界的に見ても非常に高い水準にあり,日本が安全な国であるという評価は今なお揺るぎがない。

これを支えるのが高いレベルを誇る日本の警察の捜査能力だ。決して逃げ得を許さないという強い意思と 最先端の捜査技術が,日本の治安と我々の生活を守ってきた。

科学警察研究所はこうした捜査技術の研究および開発を行なっている。事件現場において光技術が活躍していることは想像に難くないが,実際にその姿を知る人は少ないのではないであろうか。

今回は犯罪捜査の中でも代表的な手法である,指紋検出のスペシャリストの秋葉教充氏に話を聞くことができた。天網恢恢疎にして漏らさず。果たして犯罪者をからめ取る網はどのように編まれているのであろうか。今回はその一端をご紹介したい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • レーザーが解き明かす地球太古の姿 ─地球科学と光学の「熱い」関係 東京工業大学 太田健二 2017年10月05日
  • 日本の半導体レーザー技術イノベーションの力を強くしたい ─そのための支援を強力に行なう ツルギフォトニクス財団 東盛裕一 2017年09月22日
  • 人間拡張工学がデザインする未来の世界 ─光学迷彩の先にあるもの 東京大学
    先端科学技術研究センター 
    稲見昌彦
    2017年08月28日
  • 光遺伝学というツールで脳機能と神経活動の謎に迫る 理化学研究所
    脳科学総合研究センター 
    村山正宜
    2017年07月11日
  • 光を素材として扱い,陰影を与えて空間や物体の魅力を高める 照明デザイナー 
    Tokyo Lighting Design LLC代表 
    矢野大輔
    2017年06月13日
  • 最先端の光学技術で文化財を守る 東京文化財研究所 
    犬塚将英
    2017年05月18日
  • フェムト秒レーザーに新たな命を吹き込む「現代の魔法使い」 メディアアーティスト/
    筑波大学助教 
    落合 陽一
    2017年04月12日
  • 眠れる海底資源に光を当てる
    ─海底レーザースキャナーの開発とその意義
    JAMSTEC
    海洋工学センター 
    石橋 正二郎
    2017年03月09日